主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

木下優樹菜さん2人目出産にみる名前や年の差の兄弟で気をつけたいことをまとめました

木下優樹菜さんが2人目出産を11月3日にブログにて発表しました。

赤ちゃんも莉々菜ちゃんも可愛いですね!赤ちゃんの名前は、茉叶菜(まかな)ちゃんに決まったそうです。(11月10日)

1人目が帝王切開ということですので、2人目もリスクの高いお産ということになります。

筆者も経験ありますが、医者さんからリスクについて多大な説明があり、

本人家族はとても心配だったと思うだけに、出産し母子ともに無事で喜びも大きいことでしょう。

ところで、2人目というのは、やっぱり1人目とは違う世界がやってくるわけです。

名前決めから始まり、兄弟関係、お母さんの取り合い、赤ちゃん返り、と課題が山積みです。

*上の写真はイメージです。

スポンサードリンク

木下優樹菜さん2人目出産にみる名前や2人目以降の課題

当サイトスタッフには、2人目出産経験者と

現在2人目妊娠中のものがおりますので

木下優樹菜さんの2人目の出産は他人事ではありません。

1人目を帝王切開で、2人目は自然分娩に成功したということですが

リスクも非常に高かったと思いますので、

この写真の笑顔が本当に響きます。

*写真の公開は終了しました。

1人目のお子様が3年前2012年の8月ご出産ですので 兄弟差は3年です。

無事ご出産の後も、実はなかなか大変なことは待っているもので

もちろん大変な中に幸せがあるわけですが その課題をここで振り返りたいと思います。

1,意外と悩む2人目の名前

2,上の子の赤ちゃん返り

3,兄弟の関係、ママの取り合い(年齢差による)

4,教育資金

スポンサードリンク


2人目の名前はなかなか決まらなかった人が多い

フジモンさんも一生懸命今、二人目の名前を考えているということで
(茉叶菜(まかな)ちゃんに決まったそうです(11月10日))

ブログに報告ありましたが、

筆者も2人目の名前がなかなか決まらずに苦労しました。

 

というのも、旦那さんに考えさせるのは

奥さんの方に余裕がないからです。

一人目の子の面倒もありますし、出産後やることは山のようにあるのが

お母さんです。(お父さんももちろん仕事で大変です)

旦那さんが名前を一生懸命決めるのですが

たいていの場合、奥さんが納得いかなくてやり直しの連続。

時には喧嘩になったりしてなかなか決まらないというパターンはやはり多いようです(笑

■2,上の子の赤ちゃん返り

やはりこれはすぐに起こるわけではないのですが

多くのお母さんが「ある時からの突然の赤ちゃん返りは本当につらかった」

と言います。

 

木下さんのところの莉々菜ちゃんは、今は赤ちゃん帰りもせず

お父さんもお母さんもいない時も、

ぐずらずに赤ちゃんの面倒を見てくれて感動したというコメントがありましたが

最初の方は、お姉さん、お兄ちゃんは空気を読んでそうしてくれることは多いのですね。

しかし、ある時、実は我慢していたものが弾けて

突然赤ちゃん返りを始めるというパターンは多いのです。

 

ですので、我慢が弾ける前に

うまくケアできればいいのですが

親がケアしているつもりでも、そう簡単にうまくいくものではありません。

赤ちゃん返りは、どこかであるものと、覚悟しておいたほうがいいでしょう。

ただし3歳となると、ない場合も多いです。

■3,兄弟関係、ママの取り合い

これは年齢差によっても変わってきます。

2歳差ですと、メリットとしては、今まで一人だった上の子が

遊び相手が出来て嬉しくて、下の子の相手をしてくれます。

 

ただし、何かしらの流れで、親を奪われたと解釈した子は

いじめるようですのでその場合はより大変になるかもしれません。

しかし、筆者の周りでは、皆、一緒に遊んでくれて

「子供の相手をする」という面においては思ったより楽だった

と言う人が多いです。

 

3歳差ですと、あきらかに歳の差がありますので

もう完全にお姉さん、お兄さんですので2歳の時よりも

赤ちゃん返りの可能性は減り、よく面倒をみてくれて

育児を手伝ってくれるパターンが多いです。

 

しかし、やはり家庭環境や、兄弟の気質によりますが

赤ちゃん返りした時には、ママの奪い合いで

ママが大変なことになることも多いです。

 

■4,教育資金

これはすぐにという話ではないですが、

先々のことで、入学時期がかぶる、ということです。

3年差だと入学受験期がかぶります。

そうすると1時期に集中してお金が必要になります。

ただ、同性だとお下がりがそのままもらえますが

それじゃ嫌だ!という子もいるでしょう。

なにより大学に2人進学するとなると

一人暮らしさせたりすると本当にキツイです。

そういう意味で、かなりお金が必要となりますので

子育てが一段落した時点できちんと

蓄えを作っておかなければなりません。

 

ということで、木下さんの出産を期にいろいろと

兄弟で起きる問題やメリットを紹介しました。

 

子供がたくさんいると体力的・経済的に正直とても大変ではありますが

子供のために大変なことができるのは

本当に、幸せなことだと思います。

 

木下さんファミリーはじめ

これから2人目を考えている方

いろいろと大変なことも多いでしょうが

是非幸せな家庭を築いていってくださいね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA