主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

【4月29日】昭和の日っていつ?その由来や意味とは?みどりの日から変更されたのはなぜ?

昭和の日とはいつのこと?その由来や意味とは?

日本にはいくつかの祝祭日がありますが、その中で昭和の日というものがあるのをご存じでしょうか。昭和の日は4月29日で、2006年まではみどりの日とされていました。4月29日は昭和天皇の誕生日であり、天皇誕生日が12月23日に変更されたことに伴い、みどりの日とされました。みどりの日の由来は、植物に造詣が深い昭和天皇にちなんでつけられたものです。

2007年に改正祝日法が施行され、みどりの日は5月4日となり、4月29日は昭和の日と名付けられました。昭和天皇の誕生日であるこの日を、昭和の歴史を顧みて国の将来に思いを巡らせる日になるようにという願いが込められて、昭和の日という名がつけられたのです。

天皇誕生日からみどりの日に変わる時に、ゴールデンウィークの始まりの日である4月29日が国民の祝日でなくなってしまうことに抵抗を感じて、この日を祝日のままにしておこうという動きが起きました。改正祝日法が施行されてもこの動きは変わらず、4月29日は昭和の日という国民の祝日となったのです。

スポンサーリンク.

昭和の日という名前に複雑な思いを抱く人もいる?

昭和天皇の誕生日であり、昭和の激動の時代を振り返り偲ぶ日である国民の祝日、昭和の日。しかし、この名称には複雑な思いを抱く人も中にはいるようです。昭和は第二次世界大戦や太平洋戦争など世界的な戦争が勃発していた時代です。

日本でも若者は徴兵され、戦地では多くの命が犠牲となりました。暗く辛い戦争時代を連想させる昭和の日という名称を受け入れられない人がいることも理解できます。しかし、激動の時代であり日本が大きく成長した時代でもある昭和の歴史を学び、その時代に思いを巡らせることは日本の将来にとっても大切なことでしょう。

改正祝日法の施行や、昭和の日の名称変更に対しては賛否両論があり反対意見も数多くあったそうです。名称が昭和の日に変更されたことにより、これまで昭和の時代を知ることがなかった若い世代にも歴史を学ぶ良いきっかけになれば、改正したことにも意義が感じられます。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA