主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

映画『天空の蜂』あらすじと感想からみる、20年前に作られたとは思えないリアルさに圧巻!

9月12日公開の映画『天空の蜂』が予想外の高評価となっています。

これは反原発派による、原発テロという1995年に東野圭吾によって書かれた本が原作なのですが

現在起こっても不思議ではない内容が20年前に書かれていたということも、まるで予言のようで怖いし、リアル感を演出しています。

スポンサードリンク

映画『天空の蜂』あらすじ

今回の映画『天空の蜂』の記事は、ネタバレ注意となりますが、江口洋介、本木雅弘出演の

原発派にかたよることもなく、反原発派にかたよることもなく

だからといって、映画の主張を曖昧にするわけではなく

どちらの問題点を炙りだした、まさか1995年にこんな作品がかけるとは思えない

東野圭吾の先見性に脱帽する内容となっています。

 

もちろん演技派俳優がそれぞれの役割をしっかりとこなしていたのも素晴らしい評価の一つです。

<<予告動画>>

<<キャスト>>

江口洋介
本木雅弘
仲間由紀恵
綾野剛
國村隼
榎本明

<<あらすじ>>

最新鋭の大型ヘリを自動操縦で乗っ取り

原発の上でホバリングさせ、燃料が切れて落下するまでの間に

日本全国の原発を停止することを要求するテロリストを綾野剛が演じる。(かなりハマってますね…あの蛇目はやはり悪役がいいです!)

そのヘリには、ヘリが格納されていた錦重工業航空機事業本部に勤める山下(江口洋)の子供が

見学で潜り込んでいたという状況。

また、原発設計者を本木雅弘が演じる。

子供の救出、テロリストがなぜそれを行ったのか、テロを阻止するために警察関係がどう動いていったか

20年前に東野圭吾が鳴らした警報は、東日本大震災の事故によって私たちが認識したことであるが

その後の論争をも含み、やはり偉大な作品であることが見終わってもなお感じられる内容となっている。

スポンサードリンク

映画『天空の蜂』感想

天空の蜂は12日に放映が開始され、4日経ったが

Yahoo!映画の評価は400以上の評価を集め4.2点/5と非常に高評価となっている。

やはり、これが20年前に作られたことが信じられないというのが根底にあるのではないでしょうか?

 

少し感想をまとめて見ましょう

yahoo感想

・完成度が高い

・持続する緊張感で気持ちが昂ぶり泣いた

・見応えがある社会派サスペンス

・映像化できないと言われていた理由が分かったが、考えさせられ良い映画

・「何を守るべきか?」を非常に考えさせられる映画。多くの人が見るべき

・今年1番

 

・現実のほうが酷いのでインパクトが薄まった

・どうでも良いコメディシーン・グロイシーンは意味がない

 

といった感想が目に付きました。

実はこの作品、普段はギャグ的な映画が多い、堤幸彦氏が監督である(SPEC、トリックなどが有名)

今回はほぼギャグシーン封印でしたが少しだけありました笑

 

それはともかく、何より感じるのは東野圭吾の偉大さと先見性です。

20年前に、今の論争レベルで、原発推進vs反原発派の立場、どちらからの視点でも見れていたことが

明らかに分かります。

 

今でも、偏った見方しかできない人は本当にたくさんいるのに

やはり有名作家は違うのだな、と衝撃を受けました。

20年前の自分を振り返ると、あれっ?ていう感じになります。

 

ということで、人気がうなずけるものですし、社会的な事象をニュートラルな視点で見る見本になるかもしれません。

今回の安保法制についても、子供にどう伝えるべきか、など

非常に迷った方は多いのではないでしょうか?

今年おすすめの1本です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA