主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

恋仲の副音声の聞き方から、ドラマの新しい楽しみ方をみた

恋仲の副音声を聞いたのですが、時代が変わったなあとしみじみ思いました。

副音声では、ドラマの俳優が何人かドラマを見ながら「俺の事なんて忘れているんだろうな」「葵、走れー」といったように

雑談をしているのです。これがなかなか人によっては面白すぎる、と感じるものです。

副音声の聞き方を見てみましょう。

スポンサードリンク

恋仲の副音声の聞き方

これは恋仲だけにとどまらないのですが

今のところ、『恋仲』や、昔は『ウロボロス』なんかがやっていたのですが

恐らくこれだけ人気がでるなら、あらゆるドラマで取り入れるのではないかと思います。

 

副音声は、対応しているものは画面表示で<副>と書いてあるでしょう。

恋仲は対応しているのです。

そこで、リモコンの「音声モード」を切り替えれば出来ます。

 

音声モードは

「多」(音声多重放送)、「二」(二ヶ国語放送)なんかにも切り替えるための

ボタンですね。

副音声にするとこんな雑談が聞こたりするものです。

*動画の公開期間は終了しました。

スポンサードリンク

副音声は録画出来るか?

最近は忙しい人が多いので

恋仲なんかは録画してみる人が多いですね。

その場合、副音声は基本的に録画できるそうです。

 

ただし、「DRモード」「H.264録画モード」という2つのモードがあり

「DRモード」であれば副音声は問題なく、録音されるようになっています。

しかし、「H.264録画モード」だと、初期設定だと副音声は録音されません。

 

どちらにせよ、他で副音声が録画されるかを試してからやるのが無難です。

NHKではよく副音声を二ヶ国語対応なんかでやっておりますので試してみてください。

 

ウロボロスが初めて?かわかりませんが

リラックスした俳優さんが雑談的に、ドラマを振り返るように

話をするという新しいドラマの楽しみ方を示してくれています。

 

人によっては「ドラマの雰囲気を壊す!」という感じではありますが

1回目は普通に見て、2回目は副音声で見る、といったことをすると

2回とも違った楽しみ方が出来ます。

 

今回恋仲では、野村さんと太賀さんが雑談的に話しているのが印象的でした。

福士くんがやるのは見たことがないのですが

やってくれたらもっと面白いですね。

忙しいからキツイでしょうか。

大人のドラマの楽しみがひとつ増えましたね(笑)

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA