主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

心の声が聞こえる時代についになる!?九州工業大が解読に成功!ウソキヅキが思い浮かぶ

心の声が聞こえる時代が来てしまったようです。

なんと九州工業大情報工学部の研究グループが頭の中で発した言葉を解読することに成功したと言うのです。

家族でさえ何を考えているか分からないというのに、ロボットがそれを解読出来る時代が来てしまうとは…。

研究目的は障害者や宇宙空間などでの意思疎通ですが、家電に応用し

動け!と念じたら稼働することも視野にいれているそう。ちょっと怖いですね。

スポンサードリンク

心の声が聞こえたらどうなる?

恐らく一般に普及されるようなことは近い未来にはないと思いますが

もしも心の声が聞こえるようになってしまったらデメリットもたくさんあるわけです。

だって、嘘も必要ですからね。旦那嫌い!ということを我慢する場面もあるわけですし

子供に酷いことを思ってしまっても言わない場面はあるでしょう。

今の研究段階では以下のところまで来ているようです。

・「グー」「チョキ」「パー」という言語において、実際に声を出した時と、頭で浮かべた時の脳波が2秒間同じであった。
・「は」「る」「な」「つ」も80から90%の識別することに成功
・ただし波形は個人差がある
・英語よりも日本語の方がやりやすい特徴があるので日本がリード出来ると教授がコメント

とのこと。

個人差があるというのが壁ではありますが、

今スマホの音声認知にしても年々精度が高まってほぼ識別出来るようになってきているので

そのへんはクリア出来ていくのではないでしょうか?

しかし、技術の発展は恐ろしいくらい私達の想像を越えていきますので

将来的に、アプリと付属部品で人の心の声が聞こえることが可能になるのは

想像出来ることです。

家庭で使われたら、恐ろしいですね。

 

「嘘」というのは、大人になればそうであるように

必要なことであります。

実はそれを題材にした物語というのは多くあるものです。

スポンサードリンク

嘘のない世界を題材にした物語

最近で言えば、世にも奇妙な物語でありましたね。

『嘘が生まれた日』という題名で、嘘がない世界で満島真之介さんが演じたもので

あれも話題を呼びましたし、内容的にも考えさせられました。

実は『嘘が生まれた日』は、原作がありまして『ウソキズキ』という

少年ジャンプで読み切りマンガとして掲載されたことがあるものです。

こちら無料で公開されています

ウソキズキ

 

見て分かるように、争いの絶えない世界であり、あるオチがあるものですが

嘘にもメリットとデメリットがあることがよく分かります。

私たちは嘘に助けられていることも多々ありますよね。

嘘をつきやすい子供

しかし、子供をみていて思うのですが

嘘が非常に巧みな子供っていますよね。

 

自分の子も含めて、嘘がうまい子、あまり嘘を言えない子、というのがいると思うのですが

嘘がうまい子は、大人が一度騙されて自分が得をしたことに味をしめて

脳みそをフル回転させてどんどん発展していった子。

 

逆にあまり嘘を言えない子は、親が見抜きどんどんと問い詰めるタイプ。

嘘はちょうどいいくらいがいいと思いますが

嘘がうまい子にならないように、親はある程度見抜けるようにならなければなりません。

ということで、何事も技術は、素晴らしく社会に役立つと同時に

犯罪にも使われることがあるという側面を持つものですが

もし、心の声が聞こえてしまう世界になったら…今から

対策を持っておきたいものです(笑

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA