主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

広島原爆の日の黙祷時間とあまり注目されない復興の早さについて

8月6日といえば広島に世界初の原子爆弾が落とされた日。71年前の1945年の出来事です。

時間が経っても黙祷し、子どもたちにその歴史を伝えていきたいものです。

広島の黙祷する時間と、あるエピソードについて調べてみました。

スポンサードリンク

広島の原爆の黙祷する時間について

8月6日、午前8時15分17秒に広島に原子爆弾が落とされました。

黙祷は基本、その時間に合わせて行われています。

その日は毎年NHKで生中継が行なわれているので

基本その放送に合わせて黙祷すればいいかと思います。

また、通常であればどこの地域でも市内放送でアナウンスされるはずです。

 

黙祷のやり方についてですが黙って動かずに祈れば問題ありません。

目を閉じるのは祈りに集中するための手段のみであり

祈る事に集中出来れば問題ありませんが

筆者としては目をつぶって黙祷した方が姿的には良いかと思います。

 

ちなみにその日原爆ドーム付近を走行している

広島の路面電車は8時15分近くに最寄りの電停に止まり

乗務員さんが放送で黙祷を捧げる旨を伝える事になっています。

 

黙祷についてどう思っているか

以下にツイッターの反応をまとめてみました。

広島以外での意識に差があることを指摘する人も多いのですね。

スポンサードリンク

広島はどうやって復興したのか

広島に原爆が落とされた当初、今後70年は草も木も生えないと言われていましたが

原爆が投下された6日の午後には広島-西条間で鉄道が復帰しました。

8日には日銀広島支店が、9日には路面電車が運転や営業を再開しました。

どうしてこんなに早く復興出来たのでしょうか?

 

それは当時の人々の責任感や公共心があったからと言われています。

路面電車を復活させるために原爆症の症状で苦しむ中

変電所の修理を必死に行う人がいました。

被爆直後のやけどに苦しむ中、給水ポンプを動かす人がいました。

 

その人たちの努力によって、早い復興が実現したのです。

原爆と聞くと犠牲者の事や被害の事しか目が行かないと思いますが

その裏で復興に携わろうとした人々の努力にもたまには触れて欲しいと筆者は感じます。

『まんがで語り継ぐ広島の復興』

出典:Amazon

 

いかがでしょうか。

8月6日は日本だけでなく世界にとっても大事な日でもあります。

見過ごされがちですが、広島以外の地域の方も

是非、8月6日午前8時15分に黙祷を捧げて欲しいと思うところであります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA