主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

年賀状の返信はいつまでか決まりはある?実家から帰って焦る私

今年もいよいよ終わりです。元旦には多くの年賀状が届くことでしょう。

ところで、年賀状に返信の期限があるとすれば、いつまでがいいのでしょうか?

元旦以外に来た年賀状に返信はすべきなのでしょうか?

というのも、筆者は元旦は実家に帰っていて、つまり帰省して年賀状を確認するのが4日、5日になるのですが

そこから返信していつも大変申し訳ないと思っているのです。

スポンサーリンク.

年賀状の返信はいつまで?帰省していると困る!

年賀状の返信がいつまでかということのヒントとして

「松の内」という言葉があります。これは1月1日から1月7日までの7日間

ことを指します。そして、この間にやり取りされる挨拶状を年賀状というのです。

厳密なことを言えば、8日以降の年賀状は年賀状とはいえないことになってしまいます。

その意味から、年賀状の期限がいつまでがいいかというと相手方に1月7日までに届く日にちということになります。

 

それまでに着けば、一応年賀状を返したという意味になります。

ただし、相手からしたらギリギリになって届いた年賀状と、2日に届いた年賀状とでは、

印象に大きな差があります。返信するならなるべく早く相手に届くように

しましょう。あまり日にちがあくと、時間にルーズな人だと思われかねません。

 

反対に、相手から遅く年賀状が来た場合、どうするのかという問題もありますね。

相手方が何らかの都合でハガキを書くのが遅れたのでしょう。

投函した本人は、元旦にハガキが届いているものと思っているかもしれません。

この場合は、返信をしないのは失礼にあたるので、返信をすべきです。

遅れてきた年賀状だろうが返信はしたほうが無難です。

スポンサーリンク.

2日以降に出す年賀状に「元旦」と書いてもいいの?

年賀状にある「元旦」が何を表すかというと、年賀状を書いた日にちと時間

表します。元旦ですから、「元日の日の出に書きました」という意味なのです。

もちろん、元旦に書いたハガキがすぐに配達されるわけではないので、これは便宜上のものです。

 

年賀状が元日に届かない場合は、元旦という言葉は使うべきではありませんし、

日付を「一月吉日」などと改めるべきです。友人同士なら問題ないとは

思いますが、ビジネスならきちんと区別しましょう。

 

筆者は、友人同士なら元旦に書いていなくても、「元旦」と書いています。

そもそも市販されている年賀状には、「元旦」などと予めプリント

されてしまっているので、そこまで気をつかう必要もないわけです。

あまりガチガチにマナーを守ると、友人同士なのにビジネスライクな付き合いになってしまいますので。

 

しかし、筆者の悩みである「3日までに家に届いた年賀状の送り主を確認出来る」

というサービスはさすがに郵便局にはありません。

自分で郵便受けを見るしかありません。転送したら時間かかりますし。

上下関係はどうしても毎年気を遣うものです。

毎年年賀状を実家に送ってもらうようにするという手もあるのかもしれませんが

そのようにしている人は少数派ですがいるようですね…。

■関連記事

余った年賀状は切手と交換出来る!!ただし注意点2つ

恭賀新年と謹賀新年に違いは?上司に失礼に当たる絶対使ってはいけない文字は!?

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA