主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

年末の挨拶メールで目上に「よいお年をお過ごしください」というのは失礼で間違っている?この機会に正しく理解しよう!

親戚の人とメールしていて

締めくくりの年末の挨拶で「よいお年を」の後に自然と浮かんだ

「お過ごしください」と送ったのですが、旦那に「それはおかしい!」と

言われてしまいました。

スポンサードリンク

年末の挨拶メールでよいお年をお過ごしくださいというのは変?

年末の挨拶メールって「ついで」でするんですよね。

最後の締めくくりに何か一言…と思った時に

やっぱり日本人なので季節に沿った挨拶をしてしまうのですね。

 

年末、今まであまり意識していなかったのですが

「よいお年をお過ごしください」は間違い!と指摘されて、そうなのか?と思い調べてみました。

 

すると、多くの人が「よいお年をお迎えください」

という表現を使っています。

特に「よいお年をお過ごしください」で間違いだ、という話はないのですが

違和感を感じる人はいるそうです。

正確な意味を知るとその違和感が分かるような気がします。

年末の挨拶「よいお年をお迎えください」の意味

「よいお年を」は本来どういう意味か?

それはやはり日本の昔からある言葉ですので、昔の風習と関係しています。

昔は年末はそれはそれは大変で、2つの大変なことがありました。

それは「今年中に支払いを済ませなければならない」ということと、

「今年中に厄を払わなければならない」

ということ。

 

今では豊かな時代ですので感覚が違うのですが

基本は「借りたものは今年中に返す」という時代もありましたので

持ち越さないために年末までに必死に返したようです。

 

そして、厄を払うというのは、大掃除です。

しかし、今の人はなかには適当な人もいますが

昔はやらなければ、厄がつき、災が起きる位の感覚だったようです。

 

仏壇から何まで、家のホコリは全て払わなければならない!

日本人は特に律儀でしたからしっかりとそれを守っていたのです。

 

話は戻りますが、これらのことから「よいお年を」

というのは、年末の本当に大変な時期を無事に乗り越えて

「よいお年(よい来年)をお迎えください」という意味なんだそうです。

 

ですから、そういう意味で「よいお年をお過ごしください」は

よい来年をお過ごしください、という意味ととらえれば問題ないですが

「年末の大変さを乗り越える」というニュアンスが抜けているような気がして

なんか違和感を感じる、という人の感覚も分かります。

スポンサードリンク

年末の挨拶メールの備忘録

それでは今後筆者も恥を書かぬように

この機会にきっちりと、一般的に問題ない文章というのを覚えておきたいと思います。

「今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしく。よいお年をお迎えください。」
「良いお年をお迎えくださいますよう心よりお祈り申し上げます。」
「お世話になりました。(こんなことがありありがたかったです)(来年もご迷惑おかけすることもあるかもしれませんがよろしくお願いします)それではよいお年をお迎えください。」

 

年末の挨拶メールのタイミング

上記の風習を踏まえると

「よいお年を」は年賀状で使うべきではありません。

基本的に31日に蕎麦を食べるタイミングからお正月・来年にかけてを指す「お年」ですので

そんなことを年賀状で使っては恥をかいてしまいます。

 

また、31日も大掃除が終わった段階で言う言葉ではありませんので

使わないほうがよいでしょう。

つまりは「よいお年を」は12月30日までに使っていい言葉であります。

いつから?に関しては、イメージ的には中旬以降ではありますが

相手の方との関係になるでしょう。

 

「今年会うのがもう最後」という方でしたら12月中に会った時に

今年は最後になるかもしれないので、という感じで「よいお年を」使っていいでしょう。

それにしも意外と、今まで全く意識していなかったことって

細かいことはわからないものですね。

 

子供にちゃんとしたことを教えなければなりませんから

きっちりと理解したいと思いました。

それではよいお年をお迎えください。

■関連記事

仕事納めの挨拶の3つのポイントとさらに伝わる2つのコツ

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA