主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

川谷絵音とベッキーのLINE流出はなぜ発覚したか?プライベート対策のためにやりたい4つのこと

今回ゲスの極みの川谷絵音さんとベッキーさんのLINEのやり取りが流出された

ということで大騒ぎになっているのは周知の事実。筆者としては恋愛関係がどうのこうのよりも

なぜ人のプライベートがこんなにも広まるのか!というショック

まだ小さいうちの子供も大きくなればこういうのを使うでしょうから使う前に親が教育したいので、しっかり知識をつけたいところ。

今回の件を機にLINEのやり取りが流出するパターンを知ることで自分や家族がそうならないように防衛しましょう。

スポンサードリンク

川谷絵音とベッキーのLINE流出はなぜ発覚したか?

川谷絵音とベッキーのLINE流出はなぜ発覚したのか正確には報道されていませんが

LINEのやり取りのスマホのスクリーンショットだったようですね。

そうなると、身近な人がスクリーンショットして、どこかに送信し、

それを週刊誌に持ち込んでお金を得た、ということが考えられるでしょう。

 

遠隔操作はありえるか?ということですが、ありえます。

特定ソフトを、ベッキーか川谷さんのPCやスマホに入れておくことが出来れば出来ます。

しかし、その場合はOSが稼働していることが前提なので、使っている人が気づくはずです

パスワードかかっていたらそれをも解除する必要がありますので遠隔操作は難しいと判断します。特にスマホは。

 

ですので、今回は恐らく川谷さんの一番身近な人が、川谷さんの目を盗んでリベンジでやったかもしれませんね(完全に推測です)

実際旦那さんのLINEのやり取りをPC上でチェックしているIT強い奥さんは

けっこういると聞いています。

それでは、他人にLINEのやり取りがバレてしまうパターンを紹介しましょう。

 

■スマホを盗られる

スマホを盗られる、またはお風呂に入っている間に覗かれて

パスワードを開いてLINEのアプリを開けば出来ますね。

>>>対策
対策は簡単。スマホのロックがしっかりされていること。
身内でも用意に想像出来るパスワードにしないこと。

 

■自分のパソコンからログインされる

一応パソコン版のLINEは、自動ログアウト機能がありますので、一定時間経つとログアウトされます。

ですのでパターンとしては、
・ログインして席を外している間に、見られる
・IDとパスワードを破られて、ログインされる

ということで、人とのやり取りが見られてしまうのでしょう。

>>>対策
・パソコンのロックを1分に設定する。 コントロール→電源オプション→ディスプレイの電源を切る時間を設定
ただし、これをやると1分使わないごとに電源が切れるのでよく使う人は現実的ではない
席を外すごとにログアウトする
・「ログインを許可」のチェックを外しておく
パスワードが想像されにくいものにする
・その上でPCでは使わない

スポンサードリンク

LINE流出の対策方法

■他人のパソコンからログインされる

これも上記と似ていますが、これについては最近対策はされていますが

それでも抜け穴はありますのでパスワードをしっかり対策しましょう。

 

■その他

・怪しまれないために、通知OFFにしておく
IMG_9665
デメリットは、リアルタイムで通知を知ることが出来ない。

・特定アカウントを非表示にする
「トーク編集」から非表示したいアカウントを選べば、覗かれても簡単にはわからないようになっている。

・履歴を削除する
「トーク編集」からメッセージを削除が出来る。

・すぐに削除されるSNS「Snapchat」を使う
(しかし、Snapchatでさえも保存されて漏洩された事件が米であった)

 

とこのように、対策としてはいろいろあります。

全部やるのは大変でしょうから、2つだけやるとしたら

「スマホのパスコードを想像されにくいものにする」

「LINEのパスワードも想像されにいくものにする」

の2点でしょう。もちろん上記2つが同じでは意味がありません。

なぜかパスワードが想像されやすい単純なもので使いまわしている人多いですからね!

 

パスワード管理については以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

 

■関連記事

Twitterでなりすまし被害に一般人があうこともあります!その4つの対策は!?

五郎丸選手のお嫁さんの写真がネットにはない重要な理由。SNSのリスクを家族と向き合うための2つの提案

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA