主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

山口智子さんのフラウ(FRaU)で子供を生まない人生発言での反応とここから一番学びたいあること

山口智子さんはもう今年で52歳なんですね。現在51歳。

唐沢寿明さんと結婚した30代前後から全然変わってないですよね。

そんな山口智子さんには子供はいらっしゃらないのですが、今回雑誌FRaU(フラウ)でのインタビューで

答えた子供を生まないという選択についての言葉が反響を呼んでいます。

スポンサーリンク.

山口智子さんのフラウ(FRaU)で子供を生まない人生発言での反応

山口さんは、フラウ(FRaU)で次のように発言しています。

「私はずっと、子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも、一片の後悔もないです。人それぞれ、いろんな選択があっていいはず。もちろん、子供を持って初めてわかる感動もあると思います。実際に産んでみないとわからないことだと思うけれど。でも私は、自分の選択に微塵の後悔もないです。夫としっかり向き合って、二人の関係を築いていく人生は、本当に幸せです」

自分がこういう発言をするということを想像した時に

今の風潮で言いづらいことですが、はっきりと言い切っていていて爽快には感じました。

ネットの反応を見てみましょう。


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

その他、「賞賛する話ではない」「心強い」と、様々な反応が見て取れます。

スポンサーリンク.

山口智子さんのフラウ(FRaU)発言で注目すべきところは違う

筆者の意見としても、一番下の方と同じで

山口さんのひとつの意見であり、これは賛成とか反対とかではなく

山口さんはそうなんだと認識する程度でいいものだと思っています。

 

そして、重要なのは山口さんが発言したことが正しいとか間違っているとかではなく

「自分は幸せです」と人に堂々と言い切れるか、という点だと私は感じました。

インタビューだからというのは置いておいてですね

例えば、友達と飲み会に言った時に、筆者はいつも自分が何を本当はしゃべりたいのか

でも好きなことしゃべって

例えばもし旦那の愚痴を言い始めたら、本当に旦那を嫌いになるな、とか

考えてしまうんですね。

 

人に対して言ったことが、自分を定義づける現象って絶対あるんです。

だからといって、友達との気軽な飲み会で、

「私、幸せよ」と堂々と言えない自分がいます。

なので、人に「私、幸せよ」といえる人って、かなり出来ている人だと

私は思うのです。

 

山口さんのインタビューで一番気になったのはそこで

「あ、私はここで”幸せです”と堂々と言えないな」という気付きです。

人前で、堂々と「私、幸せよ」と言える自分を目指したいものです。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA