主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

山アジサイが七変化と呼ばれる理由!「紅」が特に美しい

アジサイの花は「七変化」や「八仙花」とも言われ、様々な色に

変わります。色の変化がアジサイの魅力ですよね。山アジサイには、

「紅」という種がありこれは美しい紅色です。美しいアジサイの世界に

足を踏み入れましょう。

スポンサーリンク.

アジサイ七変化が起こる理由、山アジサイ「紅」の魅力とは?

アジサイは日本原産の花で、原種は日本のガクアジサイです。もともと

アジサイは青紫色をした花でしたが、幕末から明治に西洋人が欧米に

持ち帰り、品種改良を加えることで様々な色の花を咲かせるように

なりました。紫陽花は七変化とも呼ばれ、色が変わっていく様は見事と

しか表現できません。

 

アジサイの色が変わるのは、アントシアニンという色素、アルミニウムが

関係しています。アントシアニンはもともとアジサイに含まれる色素で、

アルミニウムは、土壌から吸収されます。アントシアニンには面白い性質が

あり、鉄やアルミニウムイオンと反応し色が変化します。酸性の土壌には、

アルミニウムイオンが多く溶けていて、それを吸収したアジサイは青い色に

なります。

 

対して、アルカリ性の土壌ではアルミニウムイオンは溶けにくく、

アジサイは赤い色になります。日本は雨が多い国で、空気中の二酸化炭素が

土壌に染み込み、土壌は多くの場合酸性を示します。日本で青色のアジサイを

多く見かけるのはこのためです。

 

土壌に関係なく色を付ける品種もあります。例えば、山アジサイの「紅」という

品種がそうです。色は、見事な紅色になります。

美しい色から人気が高いアジサイの一つです。

スポンサーリンク.

アジサイの名所

東京から近いアジサイの名所を紹介します。実は神奈川県の

鎌倉市はアジサイが多いことで有名です。江ノ島電鉄に乗ると

電車のすぐそばを、アジサイがかすめていきます。

 

明月院(JR横須賀線北鎌倉駅より徒歩10分)

長谷寺(江ノ島電鉄長谷駅より徒歩5分)

成就院(江ノ島電鉄極楽寺駅より徒歩3分)

 

これらの寺は別名「アジサイ寺」と呼ばれています。

 

また神奈川県開成町においても、毎年6月にアジサイ祭りが開かれ

年々知名度をあげています。

 

美しいアジサイを眺められるのは6~7月の季節の短い期間だけですが

紅葉と同様に、非常に色彩豊かでこれもまた

日本の情緒のひとつといえるでしょう。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA