主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

家族になろうよの歌詞意味を福山雅治さんが結婚した今、振り返りわかること

福山雅治さんが吹石一恵さんとご結婚された今だから

福山さんの歌の中にある直接的に結婚と関わる歌である『家族になろうよ』の歌詞の意味について

今回振り返りたいと思います。

スポンサードリンク

名曲『家族になろうよ』の歌詞の意味を、今回の結婚から考える

今回、福山さんの結婚でついつい浮かんでしまうのが、名曲『家族になろうよ』です。

この歌自体は2011年8月31日に発売したアルバムに収められた曲。

この歌が吹石さんを意識していたのか?というのは気になるところですが

フライデーされたのは、2012年の2月号で、その時初めて吹石さんのことの関係が話題にされました。

 

他にも噂された方がいらしたので、確信的なところはわかりませんが、

もしかしたら、曲作りの中で、吹石さんを意識していたのかも、わかりませんね。

コメントでも「数年の付き合い」とのことで曖昧です。

 

本当にこの『家族になろうよ』は名曲でして、ファンの中だけでなく、世間的にも非常に好感度が高く

ゼクシィのCMで起用され大ヒットしました。

もともとこの年は震災の年に出来た曲で、東日本大震災の影響で、全国ツアーが中断している最中に歌詞が書かれたと言われています。

 

ですので、これを吹石さんを思って、と公表してしまうと

「震災の中で」という公的な意味のものが、実は私的?みたいな形になってしまうので

もしわずかでも、吹石さんを意識している曲だとしても、そういうことは発表できないでしょう。

 

筆者個人的には、一人の人間として、好きな人を思って、この震災の状況の中で思いを巡らしている中で

出来た曲であれば、それはそれで全然良いことだと思いますが

状況的には言えないだろうということです。

歌詞を見てみると本当に、感動的ですし、福山さんの結婚観が見えてくるのではないでしょうか。

家族になろうよの歌詞の意味を考える

うたまっぷなどに『家族になろうよ』の歌詞が載っています。
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=ka0608

もちろん福山雅治さんがすべてを作詞しています。

 

ついつい今だから、吹石さんとの関係で考えてしまいますが

吹石さんが意識されてたにせよ、されていなかったにせよ、福山さんの「結婚観」として捉えても、とても意味深い曲となります。

「100年経ってもすきでいてね」
みんなの前で困らせたり それでも隣で笑ってくれて
選んでくれてありがとう

どれほど深く信じあっても わからないkとおもあるでしょう
その孤独と寄り添い生きることが 「愛する」ということかもしれないから

出典:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=ka0608

 

こういうのを聞くと、筆者的には結婚してからわかったことなのに

なぜ結婚する前からこんな歌詞が書けるのだろう、と思ってしまいます笑

恋愛経験がとても豊富だというのもあるかと思います。

そしてサビはどんどん父・母→祖父・祖母→子供 と進化していくのが印象的です。

1番
いつかお父さんみたいに大きな背中で
いつかお母さんみたいに静かな優しさで
どんなことも超えて行ける 家族になろうよ

2番
いつかおじいちゃんみたいなに無口な強さで
いつかおばあちゃんみたいに可愛い笑顔で
あなたとなら行きて行ける そんなふたりになろうよ

最後
いつかあなたの笑顔によく似た男の子と
いつかわたしと同じ泣き虫な女の子と
どんなことも超えて行ける 家族になろうよ

出典:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=ka0608

 

やはり聞けば聞くほど、結婚を意識した人にしか書けない歌詞だということを感じてしまいます。

恋愛経験がいくら豊富でも、結婚を考えないと

祖父・祖母・子供の発想は絶対出てきません。

スポンサードリンク

小さなころは身体が弱くて すぐに泣いて甘えてたの
いつも自分のことばかり精一杯で
親孝行なんてできないけど

出典:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=ka0608

実はこの2番の歌詞から、主語は「女性」ではないのか?というファンの間の推測があります。

少なくとも吹石一恵さんは幼少の1歳から芸能界で紙おむつの赤ちゃん役をやっていて

活躍していましたので、身体は弱くありません。

福山さん本人については情報はありませんので、ここは誰のことを言っているのかは分かりません。

明日のわたしは それほどかわれないとしても
一歩ずつ与えられる人から 与える人へ変わってゆけたなら

出典:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=ka0608

ここも結婚している人が、ある日ふと思うことなんじゃ…と思ってしまいました。

 

実はこれはラジオで語られていたことなのですが

福山さんはお父さんのことをあまりよくは語っていませんでした。

長崎の被爆2世のお父さんは、生活費のほとんどをお酒や賭け事に使い

あまり家に帰らなかったそうです。

今まで結婚しなかった理由も、それが原因では?とファンの間で言われるほどで

恐らく家族の原体験はそれほど、良いイメージでは無いのではないかと予想されています。

 

もしかしたら、この歌詞は、それを超える何かに出会ったから出来たのかもしれません。

今回、式の予定はないとのことですが

もし式をするなら絶対流れるであろう、今の福山さんと吹石さんにぴったりの曲だと思います。

筆者もこの歌を今あらためて聞いて、良い家族を作っていかねばと、思い直したのでした..。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA