主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

家庭訪問の目的は?小学校等だけでなく最近では新生児にも!

家庭訪問というと、小学校の時に、先生がいらしてお母さんに学校での話をされて、

照れ臭かった、なんて方もいらっしゃると思います。

実は、新生児のときも家庭訪問があるんです。

その目的とは?

スポンサードリンク

新生児がいるおうちへの家庭訪問の目的とは?

出産経験のある人は、慣れない育児でふらふらなのに、

家庭訪問に来られてびっくり、なんてことはありませんでしたか?

現在、国の子育て支援として、乳児家庭全戸訪問事業

通称「こんにちは赤ちゃん事業」というのが行われています。

その目的は、

生後4か月までの乳児のいるすべての家庭を訪問し、様々な不安や悩みを聞き、

子育て支援に関する情報提供等を行うとともに、親子の心身の状況や養育環境等の把握や助言を行い、

支援が必要な家庭に対しては適切なサービス提供につなげる。

このようにして、乳児のいる家庭と地域社会をつなぐ最初の機会とすることにより、乳児家庭の孤立化を防ぎ、乳児の健全な育成環境の確保を図るものである

出典: http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/kosodate12/01.html

と、厚生労働省のページにあります。

スポンサードリンク

家庭訪問にくるのは、どんな人?なにをするの?

家庭訪問に来るのは、自治体のよっても違いますが、

だいたいが、保健師さんや助産師さんが来ます。

健康推進委員、とか、児童委員などのように名前が違う場合もありますが、

訪問の目的や内容に関しての研修を受けている人が訪問します。

 

訪問して何をするかというと、赤ちゃんや家族のデータをとります。

赤ちゃんの体重、身長を計ったり、授乳の状況、健康状態、

また、家族構成やお母さんの相談相手がいるかいないか、などを調べます。

 

これは、お母さんが一人で育児を抱え込んで、不安になっていないか、

その対策はないかを知るためです。

そして、お母さんや家族の相談に乗ったり、地域の子育てに関する情報を伝えたりします。

 

一方、小学校での家庭訪問は?

小学校での家庭訪問は、子供の学校の様子を親に伝えるため、というよりは、

子供の生活環境を知るため、というところが大きいそうです。

■家庭訪問の目的■

・家の周りはどうなっているのか
住宅地なのか、集合住宅なのか、孤立して立っているところなのか

・通学路はどうなっているのか
人通りのおおいところなのか、交通量はどうか

・近所の子供の様子はどうか
同じ学年、同じクラスの子は近くにいるのか

 

大まかに言ってこういう事を見に来るのが目的です。

家の中を見ても、あわてて片付けているのかもしれないし、

それだけで、子供のすべてがわかるわけではない、との意見もありました。

ですから、玄関先で10分ぐらいで、というのでちょうどいいのかもしれませんね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA