主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

子育てママのストレス解消法!今すぐできる育児のストレスを減らす9つの方法

毎日育児のことでバタバタしていると、少しずつストレスが溜まっていく一方だと思います。ストレスを解消したいと思いながらも、日々の忙しさでなかなかそのタイミングが取れない方も多いのではないでしょうか。そこで、育児をしながらでもストレスを解消できる方法をいくつかご紹介していきます。ぜひ参考にして、できるものがあればやってみてください。

ネットショッピングを思い切り楽しんでみる

小さい子供がいると、なかなか外に買い物に行くことができないでしょう。また、買い物に行ったとしても子供が途中でぐずってしまったり、ベビーカーや抱っこ紐を抱えて長時間の買い物は体力的にきついものがあります。出産してからはなかなかゆっくり買い物に行けないのではないでしょうか。

そこで、家の中で思いっきり買い物を楽しんでみるのはいかがでしょうか。ネットで気に入ったものを次から次へとカートへ入れてみてください。子供がぐずったり、授乳やおむつ替えのタイミングになったら、一時的に休むこともできます。欲しかったものを全て買うことは厳しいかもしれませんが、育児を頑張った自分へのご褒美として1つ位は購入してみるのもいいかもしれません。

大好きな音楽の力を借りる

自分の好きな音楽をゆっくり聞く事は、とても良いリフレッシュになります。赤ちゃんが寝静まった頃に、起きないようイヤホンを利用して、好みの曲を聴いてみましょう。イライラしていた時も、優雅なクラシックの曲を聞くと少し気持ちに余裕が出てきます。また、学生時代に好きだったアーティストのものを、もう一度聞いてみるのもいいですね。

一時的に実家にお世話になってみる

ずっと生地に向き合っていると、自分の時間はなかなか取ることができません。いくら子供が可愛くても、24時間一緒にいる事はストレスへとつながってしまいます。実家に行ける距離にある人は、少しの間だけ実家にお世話になってみるのも良いでしょう。

育児をしながら家事もしなければならないと言う負担が減ります。少し眠くなってきたから、その間孫の面倒を見てもらうと言うこともできます。毎日が忙しくて、自分の食事をゆっくりととることができなかったり、食事のバランスをうまく取れていなかった場合でも、そこで改善できるきっかけになります。同じ家でひきこもっているよりも、いい気分転換にもなるでしょう。

ハンドメイドに挑戦してみる

裁縫などがあまり得意でない方も、赤ちゃんグッズを自分で作ってみてはいかがでしょうか。ミシンなどを持っていない場合でも、スタイなら簡単に手縫いで作ることができます。わざわざお出かけをして布を買いに行かなくても、自宅にあるもので大丈夫です。もう着ることがなくなった服をリメイクすることもできます。

新生児の頃の服を利用してみると、懐かしい気持ちになりながら使えるのでオススメです。その他にも、家にあるもので簡単におもちゃを作ることもできます。工夫次第で、育児用品の節約にもつながるので、一石二鳥です。

このように手先を使うことで、ストレスの解消へとつながりやすいです。尚、小さな部品や針などを扱うときは、子供の手のふれないように充分気をつけた上で作業をしてください。

児童館などに出向いてみる

児童館は意外と家の近所にあるケースがあります。調べてみると、こんなところに児童館があったのかと驚く声もよく聞きます。中には、保育園、幼稚園が開放しているところもあるので、情報収集をしてみてください。実際に保育園や幼稚園を生で見てみることで、子供に通わせるイメージがつきやすくなります。

まだ半年位の赤ちゃんだから児童館は早いかも、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、0歳の家から行くことのできる児童館もあります。対象年齢を確認して、当てはまれば出向いてみてください。

赤ちゃんにとっても、同じ位の年齢や少し年上のお兄ちゃん、お姉ちゃんがいる空間に行く事は、とても新鮮になります。今までつかまり立ちをなかなかしない赤ちゃんも、他の赤ちゃんがつかまり立ちをしているのを見て突然できるようになったと言う話もあります。赤ちゃんにとってもいい刺激になるようです。

そして何より、同じ育児に向き合っているママさん達とお話をすることが、ストレスの解消へとつながります。同じ年頃の子供を持つお母さんは、同じような悩みを持っていたり、思いつかなかったいいアイディア遅れるかもしれません。悩んでいるのは自分だけではないんだと、前向きな気持ちになれる良いきっかけになります。旦那さんと話すだけで十分だと思うかもしれませんが、やはり同じ悩みを共有できるというのは大きいです。

旦那さんと少し足を伸ばして遠出をする

子供が生まれてからは、どうしても近くで買い物を済ませてしまったり、家の中で休みの日を過ごすことも多くなりがちです。しかし、たまには少し遠いところへと出かけてみるのもオススメです。

自分1人だと、なかなか遠くへ行く事は難しいですが、旦那さんがいると行動範囲を広げやすくなります。車持っていない方は、ぜひレンタカーを利用してみてください。レンタカーではチャイルドシートも一緒に貸してもらえるところが多いです。たまには家族で少し遠出をして、良いリフレッシュをしてみましょう。

生まれたときの写真を見返してみる

毎日の育児で気分がどんよりしてしまったときには、赤ちゃんが生まれたばかりの頃の写真を見返してみましょう。とても小さくて、まだ目も少ししか開けれない、新生児の頃を見ると、つい最近のことなのにとても懐かしい気持ちになります。

生まれるまで毎日が待ち遠しかったこと、名前をどうするかずっと悩んでいたこと、出産が大変だったこと、生まれてからはもっと大変だったことを振りかえっていくうちに、今の赤ちゃんの成長をとても嬉しく感じることでしょう。

久しぶりに思いっきりおしゃれを楽しんでみる

子育て中は、ついおしゃれを怠ってしまいがちです。毎日同じような服装になってしまったり、髪は1つくくりにしてばかりになったり、化粧する暇がなくてすっぴんになってしまったりするのではないでしょうか。

たまには独身の頃のように、かわいいスカートを履いてみたり、パーマをかけてみると新鮮な気持ちになります。おしゃれを楽しむことで、気分も自然と明るくなり、楽しい気持ちで子供と向き合うことができます。

ヒールの高い靴などはこけてしまうと危ないのですが、お母さんと赤ちゃんにとって危なくない範囲で、久しぶりにおしゃれをして、お出かけをしてみましょう。

友達に連絡を取ってみる

出産をしてから、友達と疎遠になってしまった方は、一度久しぶりに連絡をとってみてはいかがでしょうか。子供がいるとなかなか遊びに行けないと思っていても、子供が生まれたと連絡をすると家の近くまで遊びに来てくれるかもしれません。家の近くだったら、子供も連れて少しカフェでお茶でもすることができます。

友達と思いっきり会話も楽しんで、たくさん笑うことで、日々の育児に対するストレスをそこで発散してみましょう。いかがでしたでしょうか。子供がいるとストレスなんてたまるものだ、我慢するしか仕方ないと思ってしまいがちですが、工夫次第でストレスを減らすことができます。うまくストレスを解消して、楽しく明るく子育てに向き合ってくださいね。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA