主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

子供の昼寝はいつまですべきかの答は一番身近なところに

筆者の子供は3歳ぐらいでお昼寝をしなくなりました。

友達の子供は、6歳でもお昼寝をしないと夕方に眠くなるようでした。

はたして、子供の昼寝はいつまで必要なのでしょうか?

スポンサードリンク

子供の昼寝、いつまで必要?何時まで?何歳まで?

1歳のころは、一日2度3度と寝ていた子供たちも、

生活のリズムができてくると1回のお昼寝で済むようになります。

保育園や幼稚園のように、お昼寝の時間がきまっている施設に通っている子は、

そのとおりに生活リズムが出来上がってきます。

 

結論から言うと、睡眠のリズムは個人差があるので、

3歳で昼寝が不要になる子もいれば、

6歳、もっと年上でも昼寝が必要な子もいます。

 

ただ、昼寝が長すぎると、夜、眠れなくなるので、

遅くとも3時ごろまでには起こしてやるのがいいようです。

スポンサードリンク

昼寝の意味とは

睡眠は体と脳を休ませるために必要です。

子供の場合は、体力が少ないこともあり、

夜の睡眠までに一休みしたほうがいい子がいます。

 

脳を休ませる、というのも重要な働きで、

午前中の刺激を一度リセットして午後の活動に備えるという働きがあります。

ただ、ちゃんと睡眠をとらなくても、穏やかな時間をとることで、

リセットできる子もいますので、嫌がる子をしばりつけてまでも、昼寝をさせる必要はありません。

 

お昼寝をせずに晩御飯の前に眠くなってしまって、

晩御飯を食べられない、ということが続くようでしたら、

起床時間や午前中の活動を見直してみるのもいいですね。

昼寝に添い寝をすべきか?

昼寝に添い寝をすべきかどうか?これには非常に悩みました。

というのも、筆者の親は「添い寝が辞められなくなると、後々自分が苦労する」

というのです。

つまり子供が一人で寝れなくなると、本来寝ている間にすべき家事が

出来なくなって、ぐちゃぐちゃになるので

早い段階で、一人で寝れるようにすべきだと。

 

ただ、友人に相談すると真逆のことを言っており

子供の安心感が必要だから、添い寝はすべきであり

確かに一人で訓練すれば一人寝できるけれど、それは自立ではなく

諦めなのだから可哀想だ。というのです。

 

いろいろな意見の人がいるということが分かり、これには答がないのですね。

これらのことから筆者は子供が「一人で寝る」と言い出すまで

添い寝をすることにしています。喧嘩など何かをきっかけにそう言うことが

あるようですので。

昼寝の習慣がある国がある理由

大人も子供も毎日昼寝をする習慣がある国があります。

有名なのはスペインのシェスタですが、

スペインの旧植民地でも受け継がれています。

 

この習慣は昼の強い日差しを避ける、という意味もありますが、それだけではありません。

人間の活動のリズムは午前中に上昇し、

正午が最も高く、午後2~3時にかけて低下するのです。

 

なので、子供がお昼を過ぎて眠くなるのは当たり前のことなんですね。

夜の睡眠に支障をきたさない程度のお昼寝タイムは幸せな時間と言えますね。

 

昼寝は、学習や記憶の定着など

脳に良いということが言われています。

必要とする子は必要だから眠くなるのでしょう。

その見極めはお母さんしか出来ません。

子育ては難しいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA