主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

姻族関係終了届とは?メリットデメリットと反応をまとめてみた

姻族関係終了届とは?*いんぞく、と読みます
ラジオのニュースで放送されていて大変興味が湧きました。
これはパートナーの死亡後に関わることなのですが、最近ちょくちょくニュースにあがるようになっています。
姻族関係終了届の詳細と メリットデメリットをまとめてみました。

姻族関係終了届とは?

結婚すると、親戚が増えます。
配偶者の血族と姻族という関係になる事を、親戚になると一般的に言います。

姑関係がどうのこうのというのは、ドラマで主題としても扱われますし、うちでも相手の家のことでモメることは多いものです。
また親戚内を、「身内」とも表現しますよね。
身内にお金を貸し借りしてのトラブルもよく聞くものです。
あとは三親等以内の借金を引き継ぐとか…。これって本当によくあることらしいです。

結婚生活の途中で離婚した場合は、自然に姻族の関係は消滅します。
しかし、配偶者と死別した場合は、姻族の関係はそのまま続きます。

これは民法の扶養義務に定義されます。

第877条 (扶養義務者)
直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。
2  家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、
三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。

出典:民法

もし、配偶者と死別した後、姻族(いんぞく)の関係を終わらせたいのであれば、
姻族関係終了届を提出することで関係を終わらせることが出来るのです。
この場合、本人の意思のみで提出することが出来ます。
相手方の同意は必要ありません。

姻族関係終了届を提出しただけの状態では、戸籍はもとのまま、配偶者と一緒の戸籍です。
氏名は変更になりません。
氏名も元の旧姓に戻したければ、復氏届を提出することになります。

三親等とは?

ちなみに三親等ですが、イメージとしては親戚全部。
親の兄弟はもちろん、兄弟の子供までです。

参考:http://www.tosyoku.org/hihuyousha/huyouzu.pdf

婚姻中の、相手家とのしがらみを断ちたい人が最近利用することが増えているようです。
これはやはり情報社会ならではのことですね。

姻族関係終了届やり方

本籍地か、住んでいる市町村での役所で
必要な物は「姻族関係終了届」「戸籍謄本」「印鑑」を持っていくとのことです。

姻族関係終了届のメリットデメリット

メリット

姻族関係終了届のメリットをまとめてみました。

1、遺族年金などの助成金は終了するわけではない(種類にもよる可能性はありますので、要確認)
2、姻族すなわち配偶者の両親や兄弟姉妹などの扶養義務が無くなる事
例・介護義務はない
・生活の面倒をみる義務はない
・借金を引き継がなくていい

配偶者が亡くなるまでの間、過度の干渉や金銭的援助を半ば強いられていたような状態にあった場合など、扶養の義務から解放されます。

デメリット

デメリットは、いわゆる親戚付き合いが無くなることです。
嫌なところがあっても、いざという時助けてくれるかもしれませんし。

1、将来において何がしか援助、手助けなどの支援が必要になった場合に頼める人間関係を失ってしまう事です。
2、場合によってはお世話になったにも関わらず、法律上の関係を切ったということで後ろ指をさされるかもしれない

スポンサードリンク

姻族関係終了届に対するネットの反応

姻族関係終了届に対するネットの反応は様々でした。

ポジティブな反応

「覚えとこうとは思うけど」
「この届を出しても遺族年金はもらえるらしい、ググった。」
「相手がいなくなったら、もう親戚との関係は勘弁ってこと」
「覚えておこう」
「これ以上辛抱続けたくない人には。」
「死亡後に縁切りしたい人」
「これは絶対必要」
「利用する人増えそうだな。でも増えれば寂しい社会だな」

ネガティブな反応

「法律関係の人が、新たな飯のタネを見つけただけだ」
「一般的にはあまり意味が無い」
「おれが死んでも老親の面倒は嫁が・・そんなことはない。」
「相手が死んだらお金だけもらってサヨウナラか。」
「そんなの、あるんだ。」
「孤独しが増えるんだろうな」
「まあ必要な人には必要だろうけど、大して必要じゃない人もたくさん利用して、寂しい社会になっていくんやろな」

出典 :twitter

戦後、農村から都会に人々が移り住み、核家族化が進みました。
現代は家族の意識が変化しており、より個人的な関係が進んでいるように思います。
それと高齢化で寿命が延びたことも家族への介護や経済的支援を難しくしていると思います。
血縁という形も薄くなりつつある、現代の流れなのかもしれません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA