主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

夫婦別姓は合憲!ネットの反応は正直すぎる!

2015年12月16日、「夫婦別姓問題」に対する最高裁判所の判断がありました。

司法から「夫婦別姓」を認めない現在の民法は、「合憲」だという判断が

下りました。この判決にどのような反応があるのでしょうか。

ネットの意見を覗いてみました。

スポンサードリンク

夫婦別姓を認めない現在の法律は合憲!それに対する反応

まず、現在の制度について軽く復習しておきましょう。

現在の民法では婚姻をする場合、姓をどちらかに合わせる必要があります。

法律では夫婦別姓は認められていませんが、慣習的に夫婦別姓をつかうことは

できます。つまり、公文書などでは別姓の名前は使えないわけですが、

世間からどのように呼んでもらうかは自由というわけです。

 

今回、原告の男女5人は夫婦別姓が認められないのは憲法の定める「法の下の平等」に

反するとして、国を相手に計600万円の賠償を求めて裁判を起こしていたのです。

判決内容は、原告の全面敗訴で、「夫婦別姓を認めない現在の民法は合憲」

いうものでした。裁判長の言葉から引用します。

 

「名字が改められることで、アイデンティティが失われるという見方もあるが、

旧姓の通称使用で緩和されており、憲法に違反しない」

慣習的に夫婦別姓をつかうことができるという部分で、合憲と判断されたようです。

では、ネットの意見を見てみましょう。

■夫婦別姓合憲への反応■

・個人の勝手で国の制度や歴史、伝統をひっくり返すのはよくない

・個人で勝手に名乗れば、良いだけの話

・公務員は旧姓の使用を認められている、夫婦同姓に問題があることの証拠

・自分には関係ないから、どっちでもいい

・外国では別姓が認められているのに、日本は遅れている

・(上の反論として)単に制度の問題、遅れてる、進んでいるの問題じゃない

・女性蔑視でも何でもない

 

ネットでは、夫婦別姓を認めない現在の民法について、問題ないという意見が

多く見られました。それ以上に多かったのが、「関係ないからどちらでもいい」

という意見でした。「現在の法律で困らないから現状維持」なんて意見もあり、

これは「法がどうあるべきか」という視点ではなく、単に「自分が困るか、困らないか」と

いう視点での意見です。ネットではこれらがゴチャゴチャになっていました。

 

どうやら、夫婦別姓問題については、世間の多くの人はどうでもいいことと

捉えていて、マスコミや法の専門家が思うほど関心がないようです。

スポンサードリンク

夫の姓と妻の姓どちらを選んだ人が多い?

これは、想像がつきますね。私もそうですし、私の周りも圧倒的に夫の性を

選びます。家制度という意味で、婿養子の場合に妻の姓を使うということは

多いですが、それ以外で妻の姓を使うことは稀ですね。2014年の調査では全体の

96%が夫の姓を選択したそうです。

 

今回の判決で、司法は「夫婦別姓については国会で論じられるべきである」と

立法に問題を丸投げしてしまいました。

 

おそらく、もし夫婦別姓にします!とした場合に

法律変更の手続き、役所の手続きから

住民票やらマイナンバーやら、いろいろと大変になることに対し

それをやるだけの価値があるか?と問われたら

そこまで国の税金使って、いろいろなことをしてまでも

変える必要のあることではない、という風潮を感じました。

どうなるんでしょうね、これは。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA