主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

天神祭2016の日程と花火の感想まとめ

もうすぐ、大阪の一大イベント「天神祭」の時期です。

2016年の天神祭の日程はどうなっているでしょうか?

花火の魅力についてもまとめてみました。

スポンサードリンク

2016年の天神祭の日程と花火の魅力について

天神祭は伝統的で、かつ日本三大祭りで非常に盛大に開催される大阪のお祭りです。

大阪の天神祭は951年に始まり

今もなお続いている伝統あるお祭りです。

 

クライマックスには毎年花火が打ち上げられています。

大阪の天神祭の日程は以下のようになります。

日程:2016年7月25日(月)

打ち上げ時間:19:00頃~21:00頃

毎年7月24日に天神祭宵宮、25日に天神祭本宮(花火大会含む)が行われます。

荒天の場合は中止。順延なし。

場所:大阪市北区、桜之宮公園グランド、川崎公園(造幣局横)

天神祭の起源は平安時代後期になります。

その時代、都で雷や病気の流行りなどで人々が死んでいました。

それを当時の村上天皇が菅原道真の怨霊のせいにし

その霊を鎮めるために始まったのが起源とされています。

 

天神祭が現在のようなお祭りになったのは昭和5年からとされています。

江戸時代から途絶えていた鉾流神事が復活した事をきっかけに

現在の形になったとされています。

 

天神祭の花火は毎年綺麗で有名です。

花火は2箇所で打ち上げられるのですが打ち上げ花火や文字花火など様々な花火が見れます。

実際に行った事のある人たちの感想をまとめてみました。

・滅茶苦茶綺麗だった!

・人ごみがすごい中、場所が取れた時はすごく嬉しくなる

・飛行機からも花火が楽しめて良かった

・全体を見渡すには橋の上がおすすめ

・船にのればさぞかし綺麗だと思った。

・花火慣れしている人には少し期待はずれになるかもしれない・・・

・いい祭りだった

・花火以外にも見所がある祭りだった

・少し高いところでみる花火が綺麗だった

 

天神祭って凄く深くて人が集まるお祭りだということがよくわかります。

ところで花火はどこで見るのが一番綺麗なのでしょうか。

まとめてみました。

スポンサードリンク

花火鑑賞のおすすめスポット

・藤田邸跡公園周辺

・源八橋の東側

・OAPタワー周辺

・桜宮橋周辺

・都島橋周辺

・川崎橋周辺


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

桜宮橋や源八橋周辺は18時以降は交通規制が掛かるらしいので

あまり移動しないほうが良いそうです。

また当日は大阪環状線など交通機関が非常に混雑すると思いますのでご注意を。

いかがでしょうか。

大阪の天神祭の花火大会、何だか楽しそうですね。

筆者も今年は行ってみようかなと思いました。

OAPタワーの上で豪華な食事とお酒を飲んだり

屋台船に乗って間近で見て迫力を楽しむなど

何だか色々な楽しみ方がありそうです。

何はともあれ、個人個人に合った花火を楽しみ方をしたいですね。

■関連記事

いたみ花火大会は空港が穴場!?この共演はすごい!

蓬莱551の豚まんチルドの賞味期限と美味しい食べ方について

ブッラータが大阪や東京で食べられるのはここ!こんなチーズを食べたかった!

シルバーウィークの穴場は!?関西圏で子連れ家族も行ける4つの場所

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA