主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

埼玉で人並み生活は月収50万の調査が炎上したのはなぜ?

埼玉県労働組合連合会(埼労連)と有識者が、埼玉で人並みの生活をするには月収50万が必要という調査結果を発表し、炎上しています。
なぜ炎上したのでしょう?
筆者もモデルとなる、家族構成の人に一致するためこの話は対象者であります。
今回は、埼労連の調査結果の詳細と、その反応をまとめてみました。

スポンサードリンク

埼玉で人並み生活は月収50万の調査が炎上!

埼玉県労働組合連合会(埼労連)と有識者の実際の報告によりますと
今回の調査結果は、具体的に以下のモデルを前提に調査・考察されています。
・30代夫婦で小学生と幼稚園児
・40代で中学生と小学生
・50代で大学生と高校生
その上で、昼食を食べる場所や日頃の買い物の場所や支出額、生活に必要なものなどを調査しまとめてみたところ、
30代は月約43万円、40代は約54万円、50代は約58万円という結果になりました。

近年は大学の進学率の増加で教育費が増え、子供が大学に入ると支出が急激に増えることから奨学金がないと成り立たないとし、賃金の底上げとともに、教育や住宅の負担を下げる政策が必要だとまとめています。

人並みとは?

今回は「人並み」という言葉に反応し、炎上したとみられます。
ただし、これはあくまでモデルの家族構成が前提なので、独身の方などの中で月収50万でない人に、嫌な響きとして響いたため
炎上したようです。

人並みとはいったいどの程度の生活のことを言うのでしょうか?
単純な言葉の意味では「普通の人と同じような程度であること」とあります。
生活の水準として考えるならば、月々の収入の中で特に不自由もなく生活ができて、それでいて過度な贅沢ができるほど裕福でもない世帯が人並みといったところでしょうか。いわゆる中流階級として一般的にイメージされる生活が人並みということでしょう。
今回はボーナスは加味されていませんので、年収で言えば600万くらいということになります。

スポンサードリンク

人並み生活に50万!に対する反応

ネットではこの「埼玉県での人並みの暮らしは月収50万円」という見出しがしばらく検索ランキング上位に留まり続けました。

「月収50万円以下は住めないということですか」
「食費高すぎ、住居費低すぎ。どんな人を対象にしたらこんなことに」
「4人家族で2LDK?食費10万?適当すぎないか」
「人並みの基準が高すぎ」
「それだけなければどこかで借金ってことか」
「家電を耐用年数ごとに買い替える人がどれほどいるのか」
「じゃあ来月から月収50万にしてくれ」
「つまり50万以下の人はそれだけ我慢してるってこと」
「共働きで一人30万稼げばいいのね」
「それ以下の収入は人並み以下ってこと?」

出典:https://goo.gl/ap6lmw

適当とも取れる判断基準に文句を言う人が多いですが、都内で家族4人で住んでいる筆者からすると
本当に月収50万が現実的な数字だと思います。
食費が高すぎというのは感じますが、トータルを換算しますと、私も計算したものと近い数字がでています。

私も結婚前は、月30万もあれば十分と思っていましたが、結婚したら、意外とお金がかかるものが多く
幼稚園代から習い事、4人での旅行となれば、数万は普通に行きます。そして、税金も多くかかります。
そのへん、今まで楽観的だったと痛感した瞬間があったのを思い出します。
食費も実は子供の方が食べたりしますので、月に50万と言われて特に違和感はありませんでした。
ですので、今回の反応として、この数字はおかしい、ということはないと個人的には思います。
表現的に「人並み」がちょっと嫌な言葉だったようには思いますので、そこは表現を変えるべきだったと思いました。

とりあえず、当サイトでも数字を出してきましたように、共働きが1980年に68%だったのが一昨年の段階で38%まで低下し、
男性の平均年収もここ20年で100万円下がりました。

この数字にびっくりした人がいるのも分かりますし、この数字を聞いて益々「結婚なんてしない方がいい」と思う人が増えそうで心配になりました。
ただ、家族という守るものがあると必死でなんとかしようと頑張るのでなんとかなるものです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA