主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

地球の緑を守る愛林日が持つ意味とは?日本でがどんなイベントが開催されているの?

みどり

愛林日って聞いたことある?どこで誰が、いつから始めた記念日なの?

「愛林日」という言葉を聞いても、あまりピンとこない人もきっと多いことでしょう。その字を見れば、なんとなく緑に関する日であることは想像に難くありませんが、耳で聞いただけではどんな日なのかイメージしづらいものです。愛林日とは、日本でも昔行われていた「緑を増やすための記念日」であり、毎年4月3日に制定されています。

愛林日のもともとの発祥地はアメリカとなっており、アメリカの教育者でもあったノースロップ博士が、植樹運動を紹介したことをきっかけに、日本でも制定されることとなりました。当初は、愛林日の前身として「植栽日」とされていましたが、やがて1933年に大日本山林会会長らにより、4月2日からの3日間を「愛林日」として制定されることになります。

全国的に緑を増やし、国土の緑化をはかる運動を推進することが「愛林日」の目的であり、そのための活動が全国規模で開催されています。
戦争の激化を機に、植樹祭などの行事が1度は中断されますが、2年後には改めて復活し、毎年恒例の行事として全国植樹祭が実施されています。

スポンサーリンク.

愛林日には何をするの?イベントにはどんなものがある?

正式に「愛林日」として制定された翌年、1934年からさっそく愛林行事が実施されました。日本で初めてとなる植樹行事が、茨城県筑波山麓で開催された「鬼が作国有林」です。愛林日にまつわる行事は、東京大空襲をきっかけに1度は中断されましたが、復活後もイベントは継続されています。

愛林日に実施されていた中央植樹行事は、やがて1950年から「植樹行事および国土緑化大会」と呼ばれるようになり、現在においては「全国植樹祭」と名をかえ、行事内容が引き継がれています。その他、国土緑化のイベントとして緑の羽根募金や、学校植樹コンクールなどが開催されています。

青少年たちによる緑化運動も始まり、「緑の少年団」と呼ばれる団体も誕生し、緑化運動に関する動きは子供たちにも浸透していきました。

活動の中心となっていた「国土緑化推進委員会」も「国土緑化推進機構」と名をかえ、現在でも緑を増やすための活動を積極的に行い、1番メインの活動となる全国植樹祭においては、昭和52年から継続され、天皇皇后両陛下にご臨席を賜っています。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA