主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

国営武蔵丘陵森林公園のアスレチック24種類は何歳から出来る?2歳児と行ってみた結果

埼玉県埼玉県比企郡滑川町という超がつくほどの田舎にある国営武蔵丘陵森林公園
2歳1ヶ月の子供を連れて行ってきました。
東京ドームの65倍の広さということで、事前にチェックしておいて良かったです。
入り口間違えるだけでかなり歩くことになりますからね。
国営武蔵丘陵森林公園のアスレチックに行くならば西口からじゃないとキツイです。
カーナビだと南口しか案内してくれませんでしたので、173号沿いから西口へ。

12月後半のとある平日だったので、人が全くいなくて西口駐車場に車は
3台のみ! 管理人さんに話を聞くと平日はこんな感じで、
ゴールデンウィークのみ非常に混雑するらしいです。

たしかに空いている日を筆者も狙って行ったのですが
広場でお弁当を食べるも、こんなに広いのにあまりに人がいなくて寂しい~~
やっぱり人は適度にいた方がいいですね(笑

スポンサードリンク

国営武蔵丘陵森林公園のアスレチック24種類は何歳から出来る

今回は国営武蔵丘陵森林公園のアスレチック24種類ほぼ全てを紹介していきたいと思いますが
最初に結論を言ってしまいますね。

結論としては、
「2歳児ならば最初に隣の”むさしキッズドーム”で存分に遊ばせてから最後の方にアスレチックの出来るものをちょこちょことやるのがベスト」

というところです。
筆者は最初にアスレッチックを全部いって、その後に隣のむさしキッズドームで遊ばせるという順番に
なってしまったのですが、キッズドームの方が小さい子向けなのでそっちが先のほうが
子供も楽しめたかな、と反省。参考にしてください。

そして、アスレチックが2歳の子で出来るか?と言われれば「一部出来る」というのが正解で
全部を制覇するのは大人でもキツイ!というのが本音。
後半の、ゆらゆらした懸垂とかまるでSASUKEです(笑

学生の運動部がオリエンテーション的に使っても十分運動になるレベルです。
2歳児ができるのは、24種類のうちの10個くらいですね。

それでは1つずつ紹介していきます。

国営武蔵丘陵森林公園のアスレチック1「かいぞく船”元気もりもり号”」

1個目は「かいぞく船”元気もりもり号”」
IMG_9699
船の下は迷路のようになっています(2歳児◯)
階段で登って、滑り台で降りることが出来ます(2歳児◯)
IMG_9707IMG_9709

まさに小さい子用です。
一部小さい子には難しい登り場などはあります。

アスレチック24「ローラーすべり台」

実はこれ最後の24番目のものなのですが、2歳児ならば最初の方にやってしまったほうがいいと思います(笑
長いですのでもちろんあまりに拒否反応を示す子に無理にやらせる必要はありませんが
筆者の子は親と一緒なら特に抵抗なく自らいきました。
遠目ですがこんなに長い
IMG_9700

Youtubeに実際に滑っている動画はたくさんありますね。

スピードは調整されているかのように、あまりすごい速さにならないようになっているように感じました。

アスレチック2「すべり台」

この滑り台は普通といえば普通なのですが、滑りが良くなっていてスピードが出ます。
IMG_9737IMG_9738

筆者の子は1度目そのまま前につんのめってしまいました。
2回目はなんとか耐えられました。そのへんは親が注意した方が良さそうです。

アスレチック3「ステップかいだん」

IMG_9740

2,3,4と順番にあります。3のステップ階段は筆者の子は特に興味を持たずにスルー。
階段登れる子ならば出来るでしょう。

アスレチック4「まるたつりばし」

ゆらゆら揺れる吊橋です。落ちても大丈夫なようにネットが張り巡らされています。
苦手な子はいるかもしれませんね。
IMG_9742

アスレチック5「ロープはし」

筆者が行った日にはちょっとぬかるんでいました。
雨が降った後だと地面が土なのでところどころぬかんで靴が大変なことになりそう。
この日は一部のみなのでなんとか大丈夫でした。
IMG_9744IMG_9745

これは2歳の子にはちょっと難しいかも。やればできるかな?
筆者の子はスルー

アスレチック6「さんかく橋」

普通に坂道ですので、小さい子でもだいたい行けますね。
IMG_9999

アスレチック7「くさりばし」

ここは橋で足がハマったら困るので親が手を引いてやる感じとなります。
IMG_9754

アスレチック8「ターザンかっしゃ」

普通にターザンです。2歳の子は一人では出来ませんね。
筆者の子は嫌いでやりません。子供によっては子供だけターザンにぶら下がり親がゆっくりとやるというのは見ますね。
IMG_9759

アスレチック9「ネットマウンテン」

これも2歳には難しいです。ネットの山を越えていくものです。
IMG_9762

アスレチック10「へいきんだい」

これは小さい子用ですね。普通に丸太の上を歩く感じです。
IMG_9763IMG_9764

スポンサードリンク

アスレチック11「ピラミッドロープ」

2歳児にはピラミッドの上まで登るのは無理ですが、低いところのネットをなんとか歩くには
楽しんでやっておりました。
IMG_9771IMG_9776

アスレチック12「くうちゅうさんぽ」

このへんから大人も楽しめるレベルとなります。
SASUKEぽいですね。ゆらゆらとします。難しければスルーすることが出来ます。

IMG_9781IMG_9788
IMG_9789

大人でも難しいですね(笑

アスレチック13「ぴょんぴょんとび」

これは縦に丸太が突起しているのをぴょんぴょんとうまく飛ぶものです。
2歳児にはとても無理です。旦那がスーパーマリオみたいだと言っておりました。IMG_9790

アスレチック14「まるたのぼり」

ここは地図の絵と違いましたね。変わったのでしょうか。
ウォールクライミングのようになっていました。小さい子には無理ですが最初の1段は登らせました。
IMG_9791IMG_9794

アスレチック15「グラグラえんばし」

これは何も難しいことはありません。そこまで揺れません。
IMG_9795

アスレチック16「まるたぶらんこ」

まるた出できた普通のブランコです。子供でも出来ますよ。

アスレチック17「ぶらさがりシーソー」

おおがかりにぶらさがってするシーソーです。
大人同士、恋人同士なら面白そう…。
IMG_9800

アスレチック18「ロープシーソー」

シーソーの上にロープがついていて、バランスをとりながら楽しむものです。
筆者の子はスルーしました。

IMG_9801

アスレチック19「斜面ジャンプ台」

HPでは「ブーラン」と描いてありましたが変わったようで斜面ジャンプ台となっていました。
IMG_9803

これ最初やり方がよくわからなかったのですが
近くにいた人の説明によるとスキーのトレーニングなんかで使われるようで
奥から右左右左、と交互に飛んで前に進むのが正確なやり方のようです。
学生の部活動で使われそうなものです。

子供は登っていました(笑

アスレチック20「ゆらゆらうんてい」

ただのうんていではなく、ゆらゆらするものです。
とても小さい子には無理ですし、大人もよほど腕力がないと難しいです。
まさにSASUKEです。
IMG_9804
子供はスルー

アスレチック21「ブランコかっしゃ」

ブランコの感じでターザンするものですね。
IMG_9806

子供はスルー。ここから終わりの雰囲気で、下っていきます。

アスレチック22「くさりのぼり」

ローラー滑り台に向かって登っていきます。
頑張ればいけるかな?
IMG_9815

ここらへんで子供も疲れてきたようで違う道へ。

アスレチック23「ネットくぐり」

写真を忘れてしまいましたが、ネットの長いトンネルになっています。
高低差あるので小さい子供には難しいです。

ここを抜けると、ローラーすべり台の前に出ます。

ということで、アスレチックは、2歳児ができるのは10個くらいでありますが
後ろがつまるのは少ないので、すべて回ることは出来ます。
親がついていればなんとかなるものです。

最初に書きましたように、むさしキッズドームの方が
小さい子向けの遊具となっていますので、
そちらが先で、アスレチックではローラーすべり台を親子で一緒に楽しむのがいいかと思います。

むさしキッズドームはこんな感じです。
IMG_9816IMG_9817
IMG_9819

かなり田舎で都心から遠いですが、1日で十分楽しむことが出来るものでした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA