主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

厄年が節分までにお祓いする理由!女性の30代は注意

「厄年だから、節分までに厄を祓ってもらわなくちゃ!」と言われたことはありますか?

筆者は昔、親戚のおばさんに言われました。

そのときは、何のこと?と思ったのですが、あらためて厄年と節分について調べてみました。

スポンサーリンク.

厄年は節分までに祓う必要がある?

そもそも、厄年って何?という人も最近は増えてきましたよね。

筆者も最近になって日本の伝統が大切だと思うようになったので

意識するようになりました。

 

厄年とは平安時代から、陰陽道といったものを元にして、

厄災が多くふりかかるとされている年齢のことです。

科学的な根拠はありません。

 

ですが、昔の人々の生活習慣、ライフサイクルを考えると、

その時期に大きな変化があることが多かったのでしょう。

その時期に注意をしなさい、神仏に頼りなさい、

ということで言い伝えられていると考えられます。

 

かく言う筆者も若い頃は、なんだかんだビジネスでしょ?とバカにしていましたが

子供が生まれた頃から神様に感謝するように… 宗教ではありませんよ(笑

 

節分は、昔は一年の終わりの日でした。

次の日が立春、新春を迎える日です。

そのため、2月の節分で、穢れ、厄をはらってから、新しい一年を迎えようと考えられていました。

 

新暦(現在の暦)のお正月を迎えてから、節分の間に厄をはらいなさい、

というのは、そのような考えから来ているのですね。

そのため、今でも、節分には、厄年の人やその家族が厄を祓いに神社仏閣に詣でるのです。

厄年はいつ?

厄年は男女によって違います。

そして、数え年(生まれたときが1歳、お正月を迎えるごとに年を取る、という数え方)を使います。

男性の場合は25歳、42歳、61歳が本厄の年となります。

女性の場合は19歳、33歳、37歳が本厄の年です。

 

前の年を前厄、次の年を後厄とされていて、その間3年間は注意して生活しなさい、といわれています。

男性の場合は42歳、女性の場合は33歳を大厄とされ、最も災いに会いやすい年としています。

2016年では、男性は平成4年生まれ、昭和50年生まれ、昭和31年生まれの人が本厄です。

女性は、平成10年生まれ、昭和59年生まれ、昭和55年生まれの人が本厄になります。
スポンサーリンク.

厄を祓うって何をするの?

お寺や神社で厄祓い・厄除けを行っています。

厄除け、厄祓いで有名なお寺や神社が日本中たくさんあります。

また、地元のお寺や神社でも厄除けを行っています。

 

節分までに厄除けを行う人が多いのですが、過ぎてしまっても、厄除けを行ってくれます。

厄除けをやってもらうところが決まったら、問い合わせをしてみましょう。

いきなり行って、厄除けをしてください、でも大丈夫なときもあります。

 

大きいところでは、厄除け祭などで、決まった日にまとめて行っていたり、予約が必要だったりします。

近所の神社。お寺でも問い合わせてから行った方がいいでしょう。

祈祷料も決まっていたり、手順作法が決まっていることもあります。

最近は、ホームページを作っているお寺・神社も多いので一度確認しておくといいですね。

厄年だからと、必要以上におびえずに、祓っていただいて、

新しい一歩を踏み出せる年、にしたいですね。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA