主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

勤労感謝の日の行事食は?あなたが忘れてしまっている11月23日の日本の心

行事食というものがあります。特定の行事の時に食べる食事のことです。

例えば、夏の土用丑の日には、うなぎを食べます。

では、11月23日の「勤労感謝の日」には何を食べましょうか?

勤労感謝の日は実は深い歴史のある祝日なのです。勤労感謝の日の歴史を知れば、見えてくる日本の姿があります。

スポンサードリンク

勤労感謝の日と行事食

「勤労感謝の日」というくらいなので、夫の勤労や自分の家事に感謝する日なんて思っていませんか?

ところが、この勤労感謝の日という名前は

1948年(昭和23年)につけられた比較的新しいものなのです。

 

以前は全く別の名前で、意味も異なるものでした。

戦前は、「新嘗祭(にいなめさい)」として定着していました。

五穀が収穫されたことに感謝する行事で、農耕民族の日本人には切っても

切れない重要なものです。五穀とは、米、麦、粟(あわ)、豆、黍(きび)または稗(ひえ)を指します。

 

歴史は、飛鳥時代の皇極天皇まで遡ります。

第二次大戦後、GHQが日本の国家神道との結びつきが強いという理由で、

新嘗祭を勤労感謝の日と改名しました。

そもそもは、五穀の収穫を喜ぶ日だったはずなのに、GHQが名称を

変えさせたため何の日か分からなくしまったのです。

 

行事食は米などの「五穀」なのですが、お米は普段から食べていますよね。

そこで、麦や粟などをブレンドしたご飯を炊いてみましょう。五穀飯が

地味だと考えられるなら、炊き込みご飯も良さそうです。勤労感謝の日は、

夫の労働に感謝し、自分の家事に感謝し、五穀の収穫に感謝する日ということですね。

是非行事食をいただき、日本の心を思い出しましょう。

スポンサードリンク

天皇陛下と新嘗祭

新嘗祭は宮中恒例祭典の中で、もっとも重要と位置づけられています。

実は日本の宮中では、天皇陛下自ら、穀物を栽培されています。これは、

古来から続く伝統で、新嘗祭に新穀を皇祖はじめ神々にお供えになります。

 

宮中で最も大切な祭典と、国民の休日が一致していたため、GHQも無視できなかった

ようです。新嘗祭は各地の神社でも11月23日に行われます。

宮内庁の宮中祭祀のページ
http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/saishi/saishi01.html

 

GHQの政策によってそうなった、ということは日本人として知っておいた方がいいでしょう。

私も30になって初めて知ったのでなぜ誰も教えてくれなかったのか、と疑問に思ったものでした。

5円玉にも稲が刻印されていますよね。

やはり古来から日本は瑞穂の国のようです。

しばらくの間、5円玉をしげしげと見ている筆者でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA