主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

ひな祭りに出す食事の由来に思わず感心!日本の伝統って面白い!

3月3日は待ちに待った娘のひな祭り。初節句なので親戚の人も呼び盛大に祝いたい!

料理の由来を聞かれても答えられるようにしておきたいし、この機会にしか知ることが出来ないかもしれない。

ということでひな祭り料理の由来についてまとめてみました。

スポンサードリンク

ひな祭りの食事とその由来

女の子の産後初めて迎えるひな祭りである初節句。(男の子は5月5日となります)

盛大にお祝いしたいというのが親心です。

実は、筆者は初節句という言葉自体この機会まで知らなかったのですが(汗

やはり日本の伝統行事というのを子供と共に心から楽しみたいという思いから

ひな祭りの食事の由来を知っておくべきだと思いました。

 

以下が一覧となります。

■はまぐりのお吸い物

昔は、はまぐりをお姫様の象徴としていたそうです。

また、「貝合わせ」という遊びで知られているように

一対の貝はそれ以外の貝とぴったり合わない貝殻なので

そこから、仲の良い夫婦という意味で縁起物として扱われています。

よって、はまぐりのお吸い物には

「一人の夫に一生添い続けられるように」という意味が込められています。

おめでたいという意味を込めて鯛を入れる場合もあります。

 

■菱餅

緑、白、桃色の餅を菱形に切って重ねられた餅です。

由来にはいくつかの説があり、その中でも特に有名なのが

以下の二つになります。

 ・・・健康に過ごす事や長生き出来るように。

 ・・・私欲・罪悪などが無く、清らかでけがれの無いように過ごせますように。

 桃色・・・災いや苦しみ、災難を避ける事が出来ますように。

もう一つは

 ・・・「大地」

 ・・・「雪」

 桃色・・・「桃」 

と、三色で「自然」を表し、三つ合わせて

「雪がとけて 大地に草が芽生え 桃の花が咲く」

という春の訪れを表す意味が込められています。

なお、菱形は「心臓」を表していると言われており

そこから災いを除こうという意味が込められております。

 

■ひなあられ

桃色・緑・黄色・白の四色のあられで

それぞれの四季を表しているとの事です。

餅に含まれているでんぷんが多いことから、健康に良いということで

「娘が一年中幸せに過ごせるように」という意味があるのです。

 

■白酒

大蛇が宿ってしまった女性が三月三日に白酒を飲めば

胎内の大蛇を流産させられるという言い伝えから

「女性の魔除け」という意味が込められています

子供にはノンアルコールの「甘酒」をおすすめします。

 

■ちらし寿司

ひな祭りにおいてのちらし寿司は器に入れた酢飯の上に

「えび」や「れんこん」や「豆」、「三つ葉」、「卵」、「人参」などが乗せられています。

何らかの祭り事の際に食べる料理の定番として

昔から食べられているようなので特別な由来は無いみたいです。

しかし、海老は「長寿」れんこんは「見通しが利きやすい」

豆は「まめに働く」などの意味が込められています。

ひな祭りの食事にこんなにも面白い由来があるとわかると

一層、初節句を楽しめるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

ひな祭り料理と一緒に出される家庭料理

ひな祭りの料理って品目が少なく何だか物足りなくもう少し欲しい、と思う方もいるでしょう。

他の家庭ではどういった料理やお菓子が出されるのか簡単にまとめてみました

■料理

 ・鯛の塩焼き

 ・鯛の酒蒸し

 ・菜の花のおひたし

 ・茶碗蒸し

 ・エビフライ

 ・天ぷら

 ・お嬢様の大好物

■お菓子

・桜餅

・ひな祭りケーキ

・ひきちり

■その他

手鞠形の飴、色とりどりのゼリー菓子など

 

物足りない時はこれらを足してみるといいですね。

いかかでしたか?

お嬢様にとっては一生で一回の初節句。良いひと時をお過ごし下さい。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA