主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

初夢の縁起4番目にいいのは草履か扇か?子供も喜ぶ面白ろ雑学!

初夢の縁起にいいものとされるのは「一富士二鷹三茄子」

(いちふじにたかさんなすび)が有名です。

それでは4番目は草履か扇か?という問題が水トクでありましたね。

この手の言葉遊びみたいなものは子供が喜びますし

日本の古くから伝えられていることですので是非大人が楽しみながら

伝えていきたいことです。

スポンサードリンク

初夢の縁起4番目にいいのは草履か扇か?

初夢の縁起で4番目にいいのは何でしょうか?

水トクでは回答者が草履と答えて外れて惜しいことをしたのですが

答は「扇」です。

 

初夢に見ると縁起が良いとされるものは

富士山、鷹、茄子だけではないのですね。

その後、扇、煙草、座頭と続きます。

 

つまり「四扇、五煙草、六座頭」(しせん、ごたばこ、ろくざとう)

と続くのです。

改めて、この「ことわざ」を最後まで言ってみましょう。

 

「一富士、二鷹、三茄子、四扇、五煙草、六座頭」
(いちふじ、にたか、さんなすび、しせん、ごたばこ、ろくざとう)


それぞれの意味

それぞれ意味があって伝えられています。

初夢自体は室町時代から、言われていた言葉ですが

江戸時代に「駒込富士神社」の周辺に鷹匠屋敷という茄子が美味しいところで

「一富士、二鷹、三茄子」という川柳が読まれたことが最初と言われています。

 

四以降はその後、地域によって多少の違いがあるようですが

一番有名なのが前述したものです。

これは洒落のようなもので、かつ、一と四、ニと五、三と六は対応しているのです。

 

富士と扇は似ていますよね。あの広がりのように子孫・商売の繁栄をもたらすもの

鷹と煙草は上に上昇するので、運気上昇をもたらすもの

茄子と座頭は、毛がないので「怪我ない」ということで家内安全をもたらします。
*座頭とは、剃髪した盲目の按摩師のこと

子供には、早口言葉のように言うと目を輝かせて食いついてきますよ。

スポンサードリンク

初夢はいつみたもの?

初夢は何日に見たものか?なんてことよく言われますよね。

簡単に言えば、新年最初の夢が初夢です。

もともと、大晦日から新年にかけては眠らないのが通例だったので

普通は元旦~2日に見た夢が初夢と言われます。(一時期2~3日と言われた時もあったが)

ただ、大晦日からしっかり寝る人もいらっしゃいます。

 

子供は20時には我が家でも寝ます。

筆者は子供にはこう言っています。

「新年最初に見た夢が初夢。起きる直前の夢しか覚えてないのが普通だから、1日に起きて覚えているのが初夢だよ」

と。

諸説あるのは理解していますが、子供にはこれで良いのではないでしょうか。

基本的には、楽しめればいいのです。

どんな夢をみたか、おせちを食べながらわいわいと話すことが出来たらいいですね。

2016年もよい夢を見ることをお祈りしています。

■関連記事

おせち料理の意味一覧を子どものためにまとめてみた!

富士山の初雪や初冠雪、例年はいつごろ?

・おせち料理の意味一覧!子どもにわかるようにまとめてみた

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA