主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

五郎丸選手のお嫁さんの写真がネットにはない重要な理由。SNSのリスクを家族と向き合うための2つの提案

五郎丸選手のお嫁さんの写真を探す人が多いそうです。

筆者から見ても、五郎丸選手、かっこ良すぎです(笑

がっしりした体格に、甘いマスク、そして、本物の実力。

しかし、2010年からやっているアメブロやその他SNSにおいても、

絶対に奥さんをはじめ、自分以外の家族の写真はあげていません。それには理由があります。

スポンサードリンク

五郎丸選手のお嫁さんの写真がネットにはない理由

五郎丸選手は、その名前の独特性と、確かな実力、確かなルックス、ファッションにより

女性ファンが急増。最近ファンクラブ結成の話まであります。

それはそうと、こんな素晴らしい男性の奥様はどんな方だろう?と

写真や素性を知りたいと、検索するファンの方が多いそうですが、

五郎丸選手のブログやSNSには奥さんの写真は確実に上がってないそうです。

写真は1枚もないというのです。

 

その理由は、昔、五郎丸選手のファンのストーカー被害により

奥さんを巻き込んでしまったからだそうです。

すでに、ネットやファンの怖さを知っているのですね。

五郎丸選手は、奥さんや家族に迷惑がいかないように

すでに対策をしているのです。

 

有名になるって本当に大変ですね。

ネットの世界というのは怖いもので

すぐに素性がバレるものです。先日のエンブレムにしても、画像検索を使っている人なら

当たり前にすぐに検索して確認したでしょうし、

どこかで事件があれば犯人の経歴はすぐにバラされているそうです。

 

当サイトのライターの中でも、昔実名で活躍していてストーカー被害にあったものもおり

家に帰ったら、知らない人がいて、友達みたいに話しかけられて

本当に怖かったそうで、それ以来、顔も名前も出さないようにして

もちろんFacebookも実名ではなく、友達のを見るだけにしているそうです。

そんなに有名でない、一般人の人でもこのようなことがあるのです。

スポンサードリンク

あなたはSNS対策大丈夫?

このような話を聞くと、個人的にも

facebookなどで毎日のように更新して

自分や家族の写真をアップし続けている人がいますが、

公開設定をして、誰でも観覧出来る設定の人は、大変心配です。

 

筆者の周りにもいるくらいなのですから

そう珍しくないものなのかもしれません。

警視庁のストーカー相談件数は毎年増えていて、以下の様な数字になっています。

■ストーカー行為相談受理件数

H22:1032件
H23:993件
H24:1437件
H25:1466件
H26:2204件

■ストーカー行為検挙

H22:21件
H23:17件
H24:13件
H25:34件
H26:104件

出典:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/stoka/jokyo_1.htm

 

ということで、2014年に検挙がいっきに上がっていますね。

もしかしたら、SNSの発達が原因かもしれません。

年間、相談するほど悩んでいる人が1400~2200件ほど、

検挙するほどのものが、100件前後ということで

筆者としては、思ったよりは少なかったですが、それでもこれから増える可能性はあるので

一般人でも五郎丸選手の奥さんのように対策をすべきだと思います。

 

想像できるように、ストーカー相談者の85.3%は女性です。

そして、やはり20代30代が圧倒的に多く、ついで、10代、40代、50代となります。

きっと筆者の娘も年頃になったら、ネットに自分の生活を公開したくなるのでしょう。

 

自分のかわいく撮れた写真を公開したくなるのでしょう。

そんな時に筆者はどう対応するか??

いまではある程度決めていますのでシェアします。

 

それは、スマフォを与える前に、

見させたい事件と動画、そして親と18の約束をする、ということです。

スマフォを与える前に教える事件と動画

まず、SNSトラブルをまとめますと

SNSやスマホでの注意喚起されていることは以下の7つです。

■SNS スマホでの主なトラブル■

1,書き込みによるいじめ、なりすましで誹謗中傷2、ウィルスによる個人情報の流出

3,嘘の請求や、過大請求

4,著作権法違反 ダウンロード、アップロード

5,誘い出しによる、性的被害や暴行被害
(イケメンや美女の嘘写真で知り合いになる)

6,ソーシャルゲームや、その他アプリ・情報の中毒性

7、掲示板への犯行予告、違法行為 = バカッター

 

恐らく子供にはこういう抽象的なことを言っても分からないので、

動画なら見ると思いますので、最後まで一緒に見たい動画を、今回紹介します。

ひとつはカナダの少女本人が字で自分の体験をYoutubeに訴えたものです。

このYoutubeなら最後まで見てくれるのではないでしょうか。

過激な内容ではありますが、あくまで文章なので、

イメージ的トラウマにとどまり、子供の良いフィルターになると私は思います。

 

そして、実はYOUTUBEには教材的なものもあるんですね。

こちらです。

最低でもこれ1本。

シリーズ全部をできたら見せたいところ。

 

なおバカッターも知らせておきたいところ。

こちらのサイトに一覧まとめてありました→http://uguisu.skr.jp/recollection/twitter.html

 

正直、世界仰天ニュースなんかに、子供に教えたい事件は山程ありますが

とりあえず、最低限を紹介しました。

スマフォを与える前にしたい、親との18の約束

親との18の約束については、

以前に、アメリカで話題になった18の約束です。

マサチューセッツ州で、母親が13歳の息子にiPhoneをクリスマスプレゼントとしてあげる時に、

iPhoneの箱の中に、母親が作った使用契約書が入っていて、そこには18の約束が書かれていて

それが世界中で話題になったことがあったのです。

ここでは長くなるので割愛しますが、

「アメリカ スマホを使う為の「18の約束」」などと検索してみてください。

 

もちろんそのまま使うのではなく、自分で噛み砕き、自分の言葉で書き換えたほうが良いでしょう。

本当に練られた18コですので、これをテンプレートとして使うのは非常に有効です。

 

肝心なのは、あくまで「親との信頼関係で、スマホを使わせてもらう」という意識が根本にあり

自立するまで、学びと、自己の成長のために使うというスタンスです。

何をするにしてもリスクを伴うのは当然ですので、

親がリスクを理解し、事前に準備をして、子供を信頼して

ルールを明確にした上で、自由な部分は自由にやらせる、ということが大切でしょう。

 

スマホを使わせない!というのは簡単ではありますが、

後の反動も怖いところです。

本当に難しい時代になりましたが、しっかりとその都度、親の方も学びながら

家族と調整していきたいところですね。

■関連記事

格安スマホ?iPhoneがワイモバイルで3980円で登場!デメリットは5つ!

iPhone6s防水つかずガッカリの声。発表時に大雨のタイミングの悪さ!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA