主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

五色沼の紅葉の見頃は?ここが絶賛されるのには秘密がある!

福島県の裏磐梯に五色沼はあります。五色沼はプロのカメラマンも

絶賛する紅葉の名所となっています。五色沼の紅葉の見頃は

いつなのでしょうか? 五色沼の魅力とともに紹介します。

*上の写真はイメージです。

スポンサードリンク

五色沼の紅葉の見頃

福島県の磐梯山の北側、裏磐梯と呼ばれる地域に大小合わせて

数十の湖沼があります。これらの湖沼は、磐梯山の山体が崩れた

ときに川の流れがせき止めらてできたもので、まとめて五色沼と

呼ばれています。大きな湖は3つあり、秋元湖、小野川湖、桧原湖

なっています。

 

五色沼と呼ばれるのは、植物・微生物の量などにより様々な色の

湖沼があるからです。深い青色の湖のようでも、少し奥を見ると

緑色になっていることがあります。

 

このカラフルな水色をした五色沼に紅葉が加われば、カラフルな

パレットが更に彩りを増します。最もカラフルに、美しく、

五色沼の紅葉の見頃は10月中旬から11月上旬となっています。

五色沼のうちの一つ、毘沙門沼がプロのカメラマンに大人気らしいです。 プロカメラマンが推す“紅葉を楽しめる”秋の絶景6選(https://antenna.jp/snews/detail/1904721)

五色沼周辺には全長3.6kmトレッキングコースもあります。

アクセスは、自動車を使う場合は、

「猪苗代磐梯高原IC」(磐越自動車道)を下り、国道115号線を北へ向かいます。

国道459号と交わったら裏磐梯方面へ20km進みます。

公共交通機関を利用の際は、「猪苗代駅」(JR磐越西線)で下車し、

磐梯東都バスの「休暇村」行きか「桧原」行きに乗ります。

約25分後、「五色沼入口」で下車します。そこから徒歩3分で到着です。

スポンサードリンク

お土産にいかが?五色沼名物「ジュンサイ」

漢字で書くと蓴菜となります。この字は難読なので土産物店では

「ジュンサイ」と片仮名か平仮名あたりで表記してあります。

 

ジュンサイは五色沼の名物で、若芽を食べます。若芽の周りが

透明な寒天質に覆われているのが特徴で、ツルっとした食感が

あります。筆者がおすすめするのはジュンサイのお吸い物で、

面白い外観、不思議な舌触りが楽しめます。ジュンサイの収穫時期は

6~8月ですが、売られているものは瓶詰めで、年中あります。

 

五色沼を訪ねるならば、お土産にジュンサイいかがですか?

プロのカメラマンがおすすめする紅葉の一つです。

こんなところで家族揃っての写真をとることができたら

一生も宝物になるでしょうね!

紅葉の季節に、ぜひ訪れてみたいものです。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA