主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

二人目出産後の家事はなんとかなるパターンが多い、の法則。しかし大切な注意点が…

二人目の出産を前に心配になるのが、出産後の家事や上の子の面倒は大丈夫?という悩み。

子供一人でさえ、けっこう相手をするのは大変で

よく家事を阻まれます。二人も小さい子がいて皆さんどのようにやっているのでしょうか?

スポンサードリンク

二人目出産後の家事の実情

心配の種である二人目の出産後の家事の実情ですが

結論的には、「なんとかなるもの」。というかなんとかするしかなくて気づいたら順応している、というものです。

 

もちろん全員とは言いませんが、多くがその傾向にあります。

その要因としては以下があげられます。

 

・上の子が驚くほど空気を読み、順応する(最初は)

・家事は手抜きで出来るもの。いつの間にか手抜きがうまくなっているもの

・意外と助けてくれる人はいるもの

 

の3点でしょうか。

 

多くの人が子供2人を望むものの

いざ出来ると、ひっちゃかめっちゃかになるのではないかと心配になります。

 

しかし、多くの人が想像とは違う現実を見るようです。

それは「もう一人いると、上の子が今までと違う」ということ。

 

急にお姉さん、お兄さんという自覚が芽生えたり

苦しそうなお母さんを助けなきゃと思ったり、

とにかく、今までにはない刺激を受けて、成長するのです。とにかく人が一人増えるとそれぞれ役割を考えて今までと違う行動になるのです。

しかし、後述する注意点には要注意。

 

家事については、手抜きをしながらなんとかする、という感じですね。

旦那さんがよほど理解がなく、「こうでなきゃならん!」という神経質な人でなければ

理解してもらってください。

 

2人目産むと、慣れのせいか身体が一人目より動く気がするのですが

痛みに慣れているだけかもしれないので、1ヶ月は休めるつもりで無理は禁物です。

別記事にありますように、2人目のほうが里帰りの切り上げ時期が早くなっており、1か月検診終わってから里帰り終了する人は

1人目より多くなっていました。

 

また、1か月後もキツイ時はなくはないです。しかし、助けてくれる人はいるものです。

実家の父母や、義父母。

兄弟に時々来てもらうということはきっと誰もが思いつくでしょう。

意外と助けてあげたいと思っているものなので

無理せず甘えましょう。

 

また公共期間にも無料保育を駅の近くでしているところは多いのではないでしょうか。

あなたの街で調べてみてください。

すぐに埋まるので、早めに申し込むか何かする必要はあります。

その他、保育園や、コープのヘルパーさん。(ヘルパーさんは信頼できるところを…これから外国人家事労働者が増えますね)

有料でも良い所なら積極的に使っていきたいものです。

なんとかなるパターンはもちろん多いのですが

 

そうでない場合は、一人で抱え込まず公共機関に相談しましょう。

市町村のHPや、市町村の健康福祉センターを調べてみてください。

スポンサードリンク

二人目の出産後の注意点

二人目の出産後は家事も含め、なんとかなるパターンが多いということですが

実は先を見て、手を抜き過ぎないことは大切です。

自分が楽だということは、誰かが我慢をしている可能性も大いにあるわけですから。

 

・上の子が後で赤ちゃん返りする可能性。手を打っておくべし

・頑張り過ぎない。後で来るのでお医者さんの言うことは守るべし

・夫の理解は得ておく

・保育園や保育所にいかせる場合は、事前に慣らせるべし

この点が大切です。

 

特に後で深刻な「赤ちゃん返り」になるケースがしばしばあります。

気づくポイントとしては最初の方で「お姉(兄)ちゃんのおかげで随分楽だ…」と感じるところです。

自分が楽なパターンは相当無理をしている可能性があります。

 

自分の役割を分かってしまって、ママに対する甘えを我慢している可能性が高いです。

後で爆発して、夜に眠れない日が続く赤ちゃん返りの日々にならないために

下の子よりも、むしろ上の子に愛情をたくさん注ぎたいところ。

実はうちでも赤ちゃん返りを予想して気を付けていましたが、あとで来ました。

いや来るものです。2人で大合唱で泣くこともありますが、こちらが慣れます(笑

 

また責任感が強いお母さんは、家事や育児を手抜きしないで頑張ってしまいがち。

2人目は1人目よりも身体が楽な気がするものですが

痛みに対する慣れのせいの可能性が高く、身体は確実に痛んでいます。

1ヶ月は手抜きをして、休みましょう。

 

そして、夫の理解に対して、甘えないようにしましょう。

むしろ夫の赤ちゃん返りが後でくることもありますからね!!(実話)

夫だって我慢しているのです。

あっちもそうですし、慣れない家事の手伝いを、仕事のストレスにプラスしてやっているので

それに対して、感謝やねぎらいを忘れて、「もっともっと私を助けてよ!」というもっともっとの

悪妻にならないように気をつけましょう。

 

そして、最後に諸事情により、上の子を保育園などに行かせる場合。

2人目生まれてポンっといきなり行かせると

慣れないため、毎日不安になったり、行かせるだけで一苦労の日々になりがちです。

生まれる前に慣らせておき、生まれた時にはスムーズに行けるようにしておいたほうがいいです。

 

以上、大変と言いながらもなんとかなる2人目ですので

どうか楽観的に迎えてくださいね!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA