主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

中秋の名月は月餅食べる派?おだんご食べる派?

中秋の名月がもうすぐやってきます。

2015年は9月27日で、もちろんこの日は満月です。毎年、日が違うのですが、それは

「秋分がある陰暦月の15日の夕方に出る月」を中秋の名月と言います。

欧米化した日本ではありますが、たまにはベランダでゆっくりお月見なんていいですよね?

スポンサーリンク.

中秋の名月餅食べる派?おだんご食べる派?

中秋の名月には日本ではお団子を食べますね。

中国では月餅(げっぺい)を食べる習慣があります。

もともと中国では、中秋の名月は正月の次に大切な祝日と考えられていて

正確には「中秋節」と言い、親しい人に月餅(げっぺい)を贈ったり

月を見ながら家族で月餅を食べる習慣があるのです。

中秋の名月こそ、1年で最も美しい月と言われています。

さて、中華街ではたくさん売られている月餅。

食べたことありますか?これのことですね。

今ではバラエティに富んでいて

・黒あん
・ココナッツあん
・栗あん

なんかが主にあります。

そして日本のお団子。

小さいころどこかで見たイメージがあると思いますが

すすきを飾り、団子をお供え物のように添えるというのは

正しい習慣だそうです。その他、里芋・枝豆・栗などを添えます。

さてその月見団子なんですが

江戸時代あたりから、京阪ではサツマイモ型のお団子を添える習慣があるそうです。

江戸ではまん丸です。

日本の月見団子はもちろん白玉粉ですね。

今はどうかわかりませんが私が小学校の時は

家庭科の授業で作りましたので

作り方がうっすらと覚えています。

 

あのモチモチ感はたまりませんよね。

あなたはどっちが好きですか??

スポンサーリンク.

中秋の名月にお月様のありがたさを語ろう

 

中秋の名月のように、お月見の習慣は

中国から伝わり、平安時代に日本に伝わり、独自の習慣として発展しました。

もともとただの祭事でしたが、地方によっては意味を持つようになりました。

 

 

どちらにせよ、「月を愛でる」という目的で良いかと思います。

実は、お月さんがなかったら人類は存在しなかったのでは、という

ワシントンとアリゾナ大学の研究結果があります。

 

科学的なので難しいのですが、

もともと星は時間とともにどんどん冷えていくものなのなところ

惑星との引力摩擦により熱が生じて、今の適切な気温が保たれているとか。

 

難しいので、簡単に言うと

引力・光・熱において、生命存続の役割を果たしている可能性があるということです。

ですので、そういう意味で中秋の名月には

お月さんに感謝して一緒にお祝いしたいものですね。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new