主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

不機嫌な果実の原作の感想をまとめてみた!まさに時流にあっている…

4月からドラマ『不機嫌な果実』が始まりますね。

昔からある有名作品で、昨今、この内容に関連した事件・スクープが多いので

まさに時流に乗った作品と言えるでしょう。筆者も少しみたいなと思ってしまってます。

ところで不機嫌な果実の原作の評判はどうなっているのでしょうか。

感想やあらすじをまとめてみました。
スポンサーリンク

「不機嫌な果実」原作のあらすじと感想まとめ

不機嫌な果実の原作は林真理子さんで、非常に有名で、昔からあるものです。

あらすじを引用すると以下となります。

32歳のヒロイン水越麻也子(みずこし まやこ)は、結婚して6年目になる夫・航一(こういち)
との生活に不満をつのらせ昔の恋人である野村と不倫の逢瀬を重ねる。
ある時、野村には別に若い愛人がいることが発覚するが、それでも野村との関係は続いて行く。
その後麻也子は、ふとしたことから年下の音楽評論家・通彦(みちひこ)と知り合い、交際がはじまる。
麻也子と通彦は次第に深い仲となり、ついに麻也子は航一との離婚を決意し、
通彦と正式に結婚する。しかし、ほどなく通彦との結婚生活に幻滅した麻也子は、
再び野村と密会するようになる。
ある日突然、麻也子は子どもを作ることを思い立ち、
野村とホテルのベッドに入る、というところで物語は終わる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%A9%9F%E5%AB%8C%E3%81%AA%E6%9E%9C%E5%AE%9F

・・・なんだか主役の女性が色々な意味で凄いですね。

 

密会するも納得がいかない麻也子の事をタイトルでもある

「不機嫌な果実」という言葉で表していると考えると

何だか深いなと思いました。

肝心の感想の方ですが

それぞれ、ポジティブな感想とネガティブな意見にまとめてみました。

■ポジティブな感想

・女性も男性も読んで欲しい

・イソップ童話みたいな話

・一気読みしちゃった!

・こんな本、林真理子にしか書けない

・主人公の気持ちも分かる

・圧巻した

・嫁も外に出たら女なんだなと感じた

・永遠に飽きない

・刹那的な女性って感じがした

■ネガティブな感想

・愚かな女の結末

・なんだか物足りない

・再放送でやってたドラマと違ってつまらなかった

出典:http://goo.gl/luzc90

 

ネガティブな意見は物足りなかったり話が黒いという意見が多かったですが

ポジティブな意見の中でも主役の女性が最低という意見が結構ありました。

ところで、不機嫌な果実は1997年にもドラマ化されています。

不機嫌な果実1997年版について

前回のドラマでは中園ミホの脚本で

木曜の22:00から60分ドラマとして放送されていました。

視聴率は14.7%ということで当時としてはそんなでもなかったんですね。

それぞれキャストを載せていきます。

 

■1997年版

水越麻也子・・・石田ゆりこ

工藤通彦・・・岡本健一

水越航一・・・渡辺いっけい

竹田久美・・・横山めぐみ

横溝・・・袴田吉彦

裕美子・・・ 宝積有香

高木理子・・・本上まなみ

児玉会長・・・藤村俊二

野村修・・・内藤剛志

 

今回この『不機嫌な果実』を選定したのはやはり、最近の某週刊誌が

スクープを連発するから世間が興味があるというところから

選ばれたんじゃないかと勘ぐってしまうのですが、多分そうでしょう(笑

かく言う私もこういう話とは無縁ではあるものの興味を持ってしまいましたから。

興味のある方は一度見てはいかがでしょうか。

 

いかがでしたか。

不機嫌な果実は4月より毎週金曜日23:15分から

テレビ朝日系列でスタートします。

前回のドラマをみて内容を把握した上で

リメイク版を見るとまた面白いと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない!
ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA