主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

下町ロケットの感想Yahoo!Gをまとめから高視聴率の秘密をさぐる!

下町ロケットの感想をYahoo!テレビGを元にまとめてみました。

実は筆者はノーマークだったドラマなのですが、高視聴率で発進し、

普通は2話目で視聴率下がるものの上げてきた人気作で気になった途中から見始めました。

原作や、以前のドラマ化と比べ何が魅力なのでしょうか?きっと感想から見えてくるでしょう

スポンサードリンク

下町ロケットの感想Yahoo!Gをまとめ

下町ロケットの感想をyahoo!テレビGを元に

ポジティブな感想と、ネガティブな感想を

票数順にして、まとめてみました。

全体の点としては2話終わった時点で3.75点。まあまあです。

 

他のドラマの点も紹介しましょう。

5→9:3.50点
サイレーン:3.24点
偽装の夫婦:3.46点
無痛:4.22点
オトナ女子:1.85点
コウノドリ:4.53点
掟上今日子:3.47点
エンジェル・ハート:4.24点

 

他と比べても平均より上、というところですね。

やはり視聴率は時間帯や同時間帯のライバルにもよりますが

2話目の視聴率上昇は、下町ロケットだけです。

なぜ?こんなに高視聴率なのか?きっと見えてくるのではないでしょうか?

■ポジティブな感想■

・テーマが非常に良い。そして役者も9割良い。
・阿部さんの演技は抜群 喜怒哀楽 硬軟を自然にそれも男臭く演じている。
・内容が良い。技術面でのストーリーに期待が大きい。
・男性陣の演技は面白く見ることが出来た
・恵さんの弁護士役、そのまんま東さんの銀行員役、ルー大柴さんの悪い社長、ピーターさんの悪そな弁護士などキャストがマッチしていて面白かった。
・土屋さんバッシングを浴びているが今回の下町ロケットでの演技はそ罵声を浴びせるものではないと思う。
・吉川晃司さんは白髪でもかっこいい
・娘役が見ていてイライラするのはそれは演技として成功していることになる

 

■ネガティブな感想■

・娘役が原作のように中学生の設定にしないで、土屋太鳳役に納得いかない!
・内面が描かれず訴訟が強調されていて見ていて疲れる
・反抗的な演技をしようと力が入りすぎ。目つきが良くない
・親子の情を感じることができない
・仕事の話は面白いが、家庭の話は暗すぎる。
・原作にもないあの家庭は暗すぎる。娘の演技はやり過ぎでは
・話の展開がスピイーディ過ぎて、休まる暇がない
・原作は中学生の娘ががやんちゃな反抗をする設定なので、ドラマの冷たすぎる表情に親子として見れなかった
・半沢もルーズベルトもこれも、全部テイストが同じ

 

このようになっています。

スポンサードリンク

下町ロケットの感想

感想はどうしても土屋さんに対するバッシングが目立ってしまいましたが

あれはちょっと行き過ぎですね。元々反抗期の娘は、親をイライラさせるための役ですので

見ていてイライラしてしまったのならそれは演技としては間違ってなかったのでしょう。

 

それは置いておいて、やはり『下町ロケット』は池井戸潤らしい

企業での駆け引きの中、どうにか勝利を掴み取っていくストーリーです。

半沢直樹、ルーズベルトゲームなどを面白い!と感じた人には引き続き見たくなる

 

良い題材で、筆者のような凡人に勇気を与えてくれるものです。

そして全体的に阿部寛さんが不動の人気です。

いい味を出す、魅力的な俳優さんです。

個人的にも、今回の池井戸潤原作の主役に、阿部さん!ということで

非常にしっくりきて魅力を感じました。

 

半沢直樹、ルーズベルトゲームでこの感じは見飽きたという人もいますが

私は、ルーズベルト終わって、それなりに期間があるので

久しぶりにこの感じを見て、胸がワクワクしましたね。

やっぱり最後にうまくいくと爽快な感じになるものです。

高視聴率の秘密はやはりストーリーでしょう。

男臭く、池井戸潤らしいストーリー、内容が再現されています。

阿部さんも魅力的です。

次回も楽しみです!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA