主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

七五三の髪飾りを手作りにすることで子供の記憶に残そう!

七五三が近づいてきました。衣装はレンタルするとして、

子供の髪飾りを手作りしてみませんか。子供が成長して、

もしかしたら髪飾りのことを覚えてくれているかもしれませんよ。

スポンサーリンク

親子で七五三の髪飾りを手作り

子供の頃の思い出は記憶に残っていますか。筆者には七五三に

行った記憶はありませんが、2歳の誕生日の記憶が微かにあります。

いつの思い出なのか、やたら派手な服を着て、多賀大社(?)の太鼓橋を

渡った記憶もあります。記憶に残るかどうかは子供次第ですが、

一緒に七五三の髪飾りを作ってみましょう。

 

本格的に織物を使って髪飾りをつくることもできますが、親子一緒に

ということなので、簡単な方法で作りましょう。

鉄板のもので良い動画がありましたのでそれを元に紹介いたします。

簡単!100均グッズで手作りの髪飾り!(YouTube)

 

必要なもの

・厚紙
・造花 好みに合わせて2~5個ほど
・グルーガン
・ヘアピン 1個

1.造花の花の部分を切り取る

造花の花の部分だけを利用します。茎と花を切り分けましょう。

造花に硬い針金などが残っていると危険なので、きちんと処理しましょう。

 

2.厚紙を丸型に切る

厚紙を丸型に切ります。大きさは次の手順を終えた時に厚紙が見えない

程度の大きさにしましょう。

 

3.造花を厚紙に固定する

丸型にした厚紙にグルーガンを使って造花を固定します。

 

4.ヘアピンを通す厚紙を作る

最初に作った厚紙より一回り大きめに厚紙を切り、ヘアピンを

通す穴を2つ開けます。

 

5.ヘアピンを通す

先ほど開けた2つの穴にヘアピンを通します。

 

6.グルーガンで固定

最初に作った造花のパーツとグルーガンを使ってつなぎます。

これに和風の飾り紐やビーズをつけると七五三飾りらしくなります。

スポンサーリンク

七五三にふさわしい花選び

髪飾りに花をつけるのは定番ですが、七五三にふさわしい花と

なると迷うかもしれません。実は、この花がいいだとか、

この花はいけないだとかいう決まりはありません。

 

もともと、神道は八百万の神を祀っているので、統一されたものはないのです。

「菊」の髪飾りも問題ありません。仏教で菊は葬式のイメージに

なってしまっていますが、もともとは高貴な花で、天皇家の

家紋にもなっています。女の子らしく椿もよいかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか?

当サイトのものは皆、七五三の記憶がありませんでした笑

しかし、自分の子供には記憶に残したいと思いは同じです。

是非、記憶に残る七五三を行ってくださいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない!
ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA