主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

七五三の初穂料とのし袋の種類や書き方を図解で解説!

七五三を迎えるにあたって分からないことだらけ。

初穂料は?のし袋の書き方は?

そこで2年後も迷わないように備忘録的に書いておきます。

スポンサードリンク

七五三の初穂料とのし袋の種類や書き方

初穂料についてまとめていきます。

■初穂料について■

☑初穂料とは、神社でご祈祷していただく時に納めるお金のこと
☑普通に、「ご祈祷への謝礼」と表現することもある
☑のし袋に入れてお渡しするのがマナー
☑紅白で蝶結びの水引が適当である
☑相場は5000円~10000円
☑お札は新札に
☑必ず筆ペンで書く
☑兄弟がいる場合は、基本は2包

→神社による違いに注意
☑金額が決まっているところがある
☑兄弟は2人で1包で、金額を指定してくるところもある(この時は連名にすること)

*神社による違いは必ず事前に確認しましょう
*七五三に限ります。葬儀など他の場合は違いますのでご了承ください。

 

これが基本的な初穂料の知識となります。

紅白で蝶結びの水引ですが、以下の様なものとなります。コンビニにありますね。

それでは次は

のしの書き方を見ていきましょう。

スポンサードリンク

七五三・初穂料ののし袋の書き方

七五三の初穂料が用意出来たら、のし袋の書き方、新札の入れ方を整理しましょう。

書き方は一目瞭然

まずはのしの中袋

hatuhoryo1
*金額は例です。
*金額は壱、弐、参、四、伍と書きます。棒を一本加えて増やすことが出来ないように

次に外側ののし袋の書き方 とお札の向き

gohatuhoryo2

出典:オリジナル

このような形となっております。

神社による違いというものもありますので

お伺いする神社のHPや電話でのお問い合わせでしっかりと事前に聞きましょう。

意外と筆ペンが家になくて焦ったりするものですが

便利な世の中ですので、コンビニでのし袋を書くついでに買ってしまいましょう。

それでは良い七五三をお過ごしください。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA