主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

ワイルドライスの栄養価をキヌアと比較した結果!食べるならどっち!?

スーパーフードの「ワイルドライス」って知っていますか?

どうせ同じ量食べるならば、栄養価の高いほうが効率がよく

ダイエット効果もありまして、ますますスーパーフードの需要が高くなっています。

そして2016年注目されているスーパーフードのひとつが「ワイルドライス」

その栄養価に注目してみました。

スポンサーリンク.

ワイルドライスの栄養価ってそんなにすごいの?

ワイルドライスは、「ライス」とはついていますが、

米ではなく、イネ科マコモ属のいわゆる水辺に生える草の実です。

細長い黒い実なのですが、ゆでると中の白い部分がでてきます。

食感はぷちぷちとしていて、ナッツのようなコクがあります。

玄米よりも高価なのですが、栄養価がとても高いのです。

低カロリー、高たんぱくで、ビタミンE、葉酸、食物繊維、ビタミンB、鉄分、マグネシウム

などが豊富でバランスよく含まれています。

いままで、体にいいと言われていたキアヌ、玄米と比べると?

表1
wairudoraisu
表1を見ると玄米よりもワイルドライスの方が、

タンパク質やビタミンB2、カリウムなどは多く含まれています。

同様にキアヌと比較すると、キアヌのほうがすべて栄養価が高いという結果になりました。

 
スポンサーリンク.

しかし、キアヌは粒の小さい穀物ですので、

日本の食文化に取り入れるには、少し工夫が必要です。

ワイルドライスは、炊飯器でうるち米と一緒に炊くというのは不向きです。

ですが、先に、たっぷりの水でゆでておくと、ご飯に混ぜ込んだり、

サラダに散らしたりと、様々な使い方ができるので、

日本の食文化にもなじむのではないかと期待しています。

ワイルドライスのメニュー紹介

上にも書きましたが、下ゆでしておいて、ナッツや豆類と同じ様に調理することができます。

サラダに散らしたり具だくさんのスープに入れて煮込んだり、いろいろと使い道がありまし。

 

また、米・パスタのように、ソースをかけて食べるのもおすすめです。

この季節、丸ごとの鳥の中に下ごしらえしたワイルドライスなどを混ぜたものをつめて、

鳥の丸焼きも、おいしいですよ。参考URL:http://bglenish.com/labeauty/14300.html

ワイルドライスを使ったライスプティングもcookpadにレシピが公開されていました。

生活に取り入れて、野生パワーで元気いっぱいになりたいですね。

 
スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA