主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

レベッカNOKKOの現在を見たいがために紅白を見ます!彼女の今を知るある曲について

レベッカの『フレンズ』NOKKOの『人魚』

この2曲は現在30代筆者にとっては青春時代に初めて聞いた時は

強烈で、ただただその魅力の虜になったのを覚えています。

今でもホームビデオのBGMによく人魚が主題歌のように何回も使われています。

レベッカNOKKOの現在を見たいがために、紅白を見ると言っても過言ではありません。

スポンサードリンク

レベッカNOKKOの現在までの波乱

アーティストの魅力は、「普通ではない」からです。

普通ではない感性が歌ににじみ出て、伝わるものが一般人である

私達を刺激するわけです。

 

そして、その半生もやっぱり普通ではありません。(良い意味で)

1963年生まれのNOKKOさんなので現在52歳になったのですね!!

1984年にレベッカがデビューし、翌年ドラマ『ハーフポテトな俺たち』の

エンディングテーマでフレンズが採用されそれが大ヒットしたのが

ブレイクのきっかけです。

 

その後1991年に解散。解散前に、メンバーの小暮武彦さんと結婚。

2人の間に産まれたのが、味の素の回鍋肉のCMでブレイクした杉咲花さんですね。

女優として様々なドラマで活躍されています。

 

見た目は地味でかわいいという感じで、人柄や演技はすごくいいですよね!

MOZUで香川照之の娘さん役をやっていたといえば分かるのではないでしょうか。

1994年にあの名曲『人魚』をだしました。お子さんが生まれる3年前の曲ですね。

 

人魚は当時はあまりヒットしなくて織り込んでも32位だったのです。

しかし、その後、様々なアーティストがカヴァーしたことで

その素晴らしさが認識されたのです。

 

しかし、小暮さんとは離婚し、その後は音楽プロデューサーの保田剛さんと再婚しています。

2015年、レベッカの再結成ライブがされました。

その時は、ふっくらとしたNOKKOさんが話題になりました。

スポンサードリンク

レベッカNOKKOの現在が分かる曲

青春時代にNOKKOにハマるというのはどちらかというと

今で言う暗い系のタイプだと思います。そして、多少病的といってもいいかもしれないくらい

繊細な曲が多いです。そういえばロックなんだ、と思ってしまいます。

 

歌詞も衝撃的なものが多く

人魚はとても優しい気持ちにさせてくれますが

自殺をしているかのような曲などもあり、

病んでいる感のある曲が多い印象です。

 

思春期にはそういう曲が響くんですよね。

しかし、そういう繊細な人が持つであろう葛藤と

戦っていたというのがすごくよく分かるNOKKOが

そういうのを超えて、今どんな気持ちでフレンズを歌うのだろう

と非常に気になるのです。

 

子育て中に産後うつになったのではないか?と

ファンの間では憶測されていますが、

昔あれだけスレンダーだったのが、8月にはかなりふっくらしていたので

何かあったんだなあ、と思ってしまいます。

特に子育てに疲れた時に

NOKKOのこの曲を聞いてみてください。

「ゆうぐれなき」

アルバムの中でも異色のものですが、子育てと関係のある曲で

副題がdon’t cry babyという名前からわかるように

子育て中に作ったであろうものです。

子育てする女性を応援するような曲となっております。

 

子育てで辛い時、この曲を聞くと

自分の青春を支えたNOKKOさんもおなじ感覚だったんだな、と

慰められます。

 

そして紅白でフレンズを聞いて

NOKKOさんの曲に感謝して今年は年末を終えたいと思っています。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA