主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

ヨーヨーの日って何の日?子供たちの間でブームとなっている現在のヨーヨーの姿とは?

ヨーヨー

ヨーヨーの日があるって知ってた?いつ誰が始めたのか、ヨーヨーの日を徹底解析!

「ヨーヨー」と聞くと、子供の頃によく遊んだ記憶がよみがえる人も、きっと多いことでしょう。「誰もが1度は手にしたことがあるおもちゃ」と言っても決して過言ではなく、それだけ昔からヨーヨーは、私たち日本人の遊びの中に浸透していたことがわかります。ヨーヨーは、縁日などで露店にならぶ水風船と、おもちゃとして販売されている、ハイパーヨーヨーの2種類に分けられます。

ヨーヨーの日は、その語呂にちなんで4月4日に定められていますが、この日を定めたのは、おもちゃメーカーとして日本を代表するあの、バンダイです。バンダイが、ハイパーヨーヨーを製造していたことから、ヨーヨーという遊びの浸透と競技人口の増加を期待して、4月4日をヨーヨー日と制定しました。

「ヨーヨー」という言葉の由来は、その昔ヨーヨーが、狩りの道具として使用されていたことに由来しています。放たれた後に戻ってくるというヨーヨーならではの習性からわかるように、「投げて標的に重りを巻きつかせてから仕留める」という手法で、狩が行われていたことが想像できます。

スポンサーリンク.

ヨーヨーの日を子供たちも知っている?子供の間でブームとなっているハイパーヨーヨーとは?

ハイパーヨーヨーは、時代の変化とともに進化を遂げています。一昔前のヨーヨーと比較すると、よりおしゃれなデザインとなり、機能性もより充実したものへと変化を遂げました。その性能や機能性の高さに、子供だけでなく、大人でもはまってしまう人がたくさんいることでしょう。

ハイパーヨーヨーは、単なる子供の遊び道具という枠を超え、とある1種の競技道具として日々進化を遂げているのです。子供たちの間でも、遊びの種類や道具というだけではなく、本格的な競技としてハイパーヨーヨーは受け入れられています。「スリーピングプレイ」や「ストリングプレイ」などといった技を繰り出し、そんな技を見せ合うことが子供たちの間でも、密かに流行中です。

ハイパーヨーヨーは、おもちゃとしての顔と競技としての2つの顔を持ち、子供たちの間でも1つのブームとして、その存在が浸透しつつあります。4月4日は、そんなヨーヨーを盛り上げる日として制定されましたが、記念日以外の日程でも多くのハイパーヨーヨーイベントが開催され、盛り上がりを見せています。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA