主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

マーガリンのトランス脂肪酸フリーを使えば安心なのか!?

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸という物質をご存知ですか。

トランス脂肪酸を取ると、血中の悪玉コレストロールが増加し、

心臓疾患の原因になると言われています。ですのでトランス脂肪酸フリーの商品が出回るようになりましたが

そにへんの情報を整理してみてみましょう。

スポンサードリンク

マーガリンにあるトランス脂肪酸フリー意味は?

トランス脂肪酸フリーのマーガリンとは、「トランス脂肪酸」という

物質の含有量が低いものです。トランス脂肪酸は、脂肪の一つで、

自然界には少量しか含まれませんが、人工の製品のマーガリンには

多量含まれます。

 

このトランス脂肪酸が、心臓疾患のリスクを高めるとして、

最近では危険視されています。そこで、トランス脂肪酸フリーという製品が

登場したわけです。

 

トランス脂肪酸は、実は油脂に普通に含まれる成分です。普段からある程度

摂取している物質なのです。マーガリンは、通常固体にならない油脂を

化学反応させることで固体にしています。その際に自然界に存在するより

多くのトランス脂肪酸が合成されてしまうのです。マスコミで大きく

取り上げられ、危険だとされるトランス脂肪酸を多く含むマーガリンは、

真っ先に批判の矢面に立たされました。それを避けるようにフリーの商品が多くなりました。

 

トランス脂肪酸は本当に危険なのでしょうか?

 

トランス脂肪酸が心臓疾患に関わっていることは、事実です。ただし、

それは他の脂肪でも同じことなのです。脂肪は重要なエネルギーなので

なくてはなりませんが、過度に摂り過ぎると影響がでます。

トランス脂肪酸が、他の脂肪と比べて極端に危険かと言われると、

実は同程度か、若干リスクが上というレベルです。

 

常識的な摂取量ならば、他の脂肪だろうが、トランス脂肪酸だろうが問題なく、

過剰な摂取量ならどちらも危険です。

 

トランス脂肪酸だけが危険だという

間違った情報が流布され、それに便乗してトランス脂肪酸フリーという製品が

登場したわけです。トランス脂肪酸フリーだから安全ということは

ありません。

心臓疾患が心配ならば、トランス脂肪酸だけを

摂らないことよりも、全体の脂肪を減らすことを考えたほうがいいです。

海外でトランス脂肪酸の量を規制しているというニュースが

ありますが、あれは全体の脂肪を規制するという内容で、そのうち

トランス脂肪酸が含まれていい量を示しているだけです。

 

日本では、トランス脂肪酸の部分だけ切り取った形で広がり、いかにも

トランス脂肪酸だけが危険という誤解が生まれました。

スポンサードリンク

誤った情報を信じてしまう集団心理

生命や財産に関わる情報はデマや誇張でも拡散しやすいものです。

毎回、同じような手法が使われているはずなのに、毎回同じように

騙されてしまいます。

 

生命や財産に関わる情報というのは、重要で

最悪の事態に備えて行動しようという心理が働きます。そうすると、

正しいのか間違っているのか分からない悪い情報を、

とりあえず信じて行動しようとします。あとは、親しい人に相談

するなどの行為により広がっていきます。

 

心理学的にも、ポジティブな情報よりも、ネガティブな情報の方が、

信じやすく、拡散されやすいことが明らかになっています。

トランス脂肪酸は、アメリカで禁止されたことも助長して

過度な誇張でのネガティブキャンペーンとなっていると言ってよいかと思います。

食品・命に関わることは感情的になりやすいものですので

そのへんを考慮して情報に接するようにしたいところです。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA