主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

マックの月見バーガーが2015年も値段をあげて登場。無添加を謳ってるけど子供に食べさせる?

筆者の家ではマックを食べさせない派でありますが

フードコートに行くと、あの赤と黄色の看板に何かしらの子供をとりこにする魔法があり

「マック食べたい!」と子供がワンワン言って大変なことになることがあります。

食べさせない理由は説明しなくても察しはつくと思います。

そんなところで、「無添加100%ビーフ」を謳う期間限定の月見バーガーが登場しました。

また子供が食べたい!とモメるとき、あなたは食べさせますか?

スポンサードリンク

 マックの月見バーガーにみる値段上昇と高級路線変更

マックは、創業以来、最低の利益であった去年を経過し

品質改善、安全性の取り組み・アピールを掲げて、回復にむけ頑張っています。

月見バーガーに対しては以下のように宣伝しています。

「月見バーガー」は、満月に見立てたぷるぷるたまごと、ジューシーな無添加100%ビーフパティに、
スモーキーなベーコンをプラスしたマクドナルドの秋の定番商品。
月見のために作られたトマト風味のクリーミーなオーロラソースで味付けし、
香ばしいゴマつきバンズでサンドした絶妙な味わいの一品です。

そして、2014年なんかは、それまで価格は地域差対応をしていたのですが

全国統一して、2014年は月見バーガー単品:339円、バリューセット:639円としました。

 

場所によっては去年より高いところ、低いところが出てきた状況で賛否両論ありました。

(東京では安かった)

 

そして2015年は、単品:340円、バリューセット:640円と、1円値上げ対応しており

高級路線へ徐々に乗り換えようとしているか?などと憶測されています。

スポンサードリンク

マック月見バーガーを子供に食べさせる?

さて、本題ですが、高級路線に乗り換えようとしている?かもしれない

マックの無添加ビーフならば、子供にOKするでしょうか?

 

もちろんマックの企業努力は素晴らしいと思います。

アレルギーから栄養成分をあんなに事細かくまとめた表をHPに公開しているのを見ると

素晴らしいなあと思いますが

 

添加物や、安全性に厳しい、最近の筆者も含めた消費者が買うか?と言われたら
(自分で厳しいというのもなんですが..)

やはり買わせません!
(もちろん人それぞれの判断で良いのです)

 

たとえ、無添加100%ビーフがちゃんとしたものであって

それに付随する、野菜やポテトなんかが、まだまだ信用出来ません。

ポテトは限りなく原価0円に近いと聞いておりますし。

 

またチーズが北海道産60%と謳っていますが、残り40%の方が気になります…。(細かくてすみません)

そして、最後に、やはり子供に1回許すとどんどん広がっていきますからね。

1度禁止したらブレない方がいいのです。

 

子供はあざといですからどんどん幅を広げるのがうまいです。

ということで、マックの月見バーガーは魅力的で、企業努力も素晴らしいとは思うのですが

やはり一度アンチになってしまった筆者のような家庭は、

無添加を謳われてもまだまだ買う気にならないのでした…。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA