主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

ピカ子のメイク馬場典子アナの備忘録!くすみ隠しにチーク!

今週のピカ子のメイク術もかなり勉強になりましたね~。
馬場典子アナが対象で40代をターゲットにしたメイク術となります。

くすみ・シミ隠しの魔法の粉、と題していたのがすごく気になっていましたが
あれですか…、そして馬場アナがメイク後に目がうるうるしていたのは
なんかあったのかと思ったら、それも技だったのですね。

スポンサードリンク

ピカ子のメイク馬場典子アナの備忘録!くすみ隠しの招待はチーク!

それでは順を追ってピカ子メイクの馬場アナ編を備忘録としてメモしておきます。

1,ベースメイク

ここは前回の安田美沙子さんとかぶるところが多かったので繰り返す部分もありますが
ポイントとしては、

・コンシーラーとか使わず、リキッドファンデ一色、1つでやること。
・そして手で伸ばしたりせず、ブラシを使って中心を濃く、周りを薄くすること。
・そして、シミやくすみなど気になるところは重ね塗りをします。
・さらに今回は超微粒子パウダーで毛穴を埋めていきます。2種類使うことでキメ細かさが際立ちます

微粒子パウダーはこれで間違いないと思われます。基本ファンデもラメキャです。

出典:rakuten

・そして仕上げは前回同様、すっぴんのようなツヤを出すために、10回x2ファンデの後に吹きかけていた
とろみのあるスプレーを使います。(今回は1セットだけだったようにも見えましたが略されただけかと思います)

MAKE UP FOR EVERのMIST&FIX のスプレー

出典:amazon

2,シミやくすみを消すテクニック

そして、題名にもあった魔法の粉でシミやくすみを消すテクニックですが
答は、「オレンジのチーク」でした。

オレンジというのは馬場アナに合わせてのことで
馬場アナは多少、濃い目だそうです。
このへんの微妙な色具合は、さすがにプロのピカ子さんが調整しているようです。

口元はもちろん、まゆげから髪の生え際までやっていましたね。

スポンサードリンク

ピカ子のメイク馬場典子アナのアイラインとリップ

3,まゆげ

眉毛は3mmほど長く垂れる感じに書くことで上品さを出します。

4,アイライン

アイラインは、なんと「ペンシルを使わない」ということ。
「ペンシルで出すのはわざとらしくて今じゃないのよ」(記憶によるピカ子さんのセリフ)
「40代はアイシャドーで目を際立たせるの」(記憶によるピカ子さんのセリフ)

ということで、3色のアイシャドーを重ねて上品な色を出していました。
この3色は、馬場さんに合わせてピカ子さんが選んだので
恐らく人によって微妙に変えるのが正解なのでしょう。
ベージュブラウン系とボルドー系、ダークブラウン系を使っていました。

最初にベージュ・ブラウンをまゆ下まで全体に塗り、続いて
ボルドーを二重のところまで重ね
最後にダークブラウンで奥行きを出し、アイライン代わりにしました。

5,まつ毛

まつ毛はマスカラで少し長めに見せるのみ。
ビューラーは使いません。

6,リップ

これも前回同様、リップペンシルのみ。
しかも「ピンク」でした。

使っているブランドはNARSのサテンリップペンシルかと予想されます。
(ただ、もしかしたらNARSのベルベットマットリップペンシル 2.44g ローマンホリデイかなとも思いました)

出典:amazon

意外とピンクでも違和感なく上品さを出すのですね。
ピンクだと嫌な感じになるんじゃないかと心配したのですがそうではありませんでした。

正直30代の私でもピンクには抵抗があるのですが
全然綺麗でした。

馬場アナのアメブロにアップされていますがちょっとわかりづらいかも。http://ameblo.jp/baba-channel/

もちろん、披露するときには照明も使っているとは思いますが
本当に透明感がありますし、陶器のような肌に見えます。

そしてなにより色合いはやはりプロのなせる技で、
すごく上品なお顔になっていました。

馬場典子さんが鈴木京香さんに変身したようでした(笑

ピンクのリップを買うのに勇気がいる筆者ではありますが
これを見て試してみようかと思いました。

後はオレンジのチーク、試してこの機会に絶対に
メイクの腕をあげたいところです。

■関連記事

ピカ子メイクで眉毛から全体まで!安田美沙子さんの回の備忘録

ピカ子さんが使うメイク道具のブランドなどをまとめてみた(安田美沙子さんの回)

ピカ子鍋の作り方!しじみの砂抜き忘れさえしなければ簡単絶品!

パリで流行したサプライズコスメボックスが日本に上陸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA