主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

ノロウィルス予防の食べ物としてヨーグルトが効く?ちょっと待って!ありがちな勘違い

ノロウイルスにはヨーグルトがいいと聞いたので、食事がわりにヨーグルトを

と食べさせてしまう前に、ちょっと聞いてください!

ヨーグルトは予防の食べ物として確かに最近言われます。

ノロウィルスにかかると激しい嘔吐下痢症状が起こり

子供が苦しんでいるときに何とかしてあげたいと思うのは親心で

ついとにかくなんでも手を出してしまいがちですが冷静に情報を見ていきましょう。

スポンサードリンク

ノロウィルスのときの食べ物の注意、ヨーグルトはどうか?

ノロウィルスは、口から感染し、激しい嘔吐下痢症状を引き起こします。

吐いているときは、水を飲んでもはいてしまうぐらい、下痢になると、

トイレから出られなくぐらいに、ひどい症状がでます。

 

少し落ち着いたので、消化がよさそうだから、とヨーグルトを食べさせるのはNGです。

ヨーグルトはタンパク質なので、胃腸が分解するのに負担がかかるのです。

胃腸に負担がかからない食べ物は、炭水化物です。

それも、おかゆや柔らかく煮たうどんは消化も早く、胃腸への負担が軽い食べ物です。

ちょうど筆者がお医者さんからもらった紙に

乳製品はNGと書いてありました。

ヨーグルトはノロウィルスの予防には効果的

ノロウィルスには、ヨーグルト、と書いていあるWebサイトはたくさんありました。

が、どれもノロウィルスの「予防」にはヨーグルトがいい、と書いてあるところがほとんどでした。

ヨーグルトに含まれるラクトフェリンが、免疫力をアップさせたり、ノロウィルスの増殖を抑えるのです。

つまり、

かかってしまってからではなく、日常的にヨーグルトを食べ続けていると、ノロウィルスの発症率が下がる

ということなのです。

 

ノロウィルスにすでに感染して発症してしまっている場合でも、

ラクトフェリンは効くのかもしれませんが、

ダメージを受けている胃腸をいたわってあげる方を優先させてください。

 

*ノロウイルス対策に持っておきたいスプレー
*次亜塩素酸ナトリウムと、次亜塩素酸では効果が違いますのでそのあたりに気をつけなければなりません。

胃腸炎は絶食が基本。回復食で徐々にもどしていましょう

ノロウィルスに限らず、胃腸炎にかかったときには、絶食が基本です。

吐き気があったり、お腹をくだしていたりするときは、無理に食べる必要はありません。

水分だけは、少しづつでもいいから、とりましょう。

 

コップにほんのちょっとだけ飲んで、1時間ぐらいしてから、またちょっと飲む。

それでも吐き気が起こらないようなら、少しづつ量を増やしていきます。

 

食べられるようになったら、下痢が治るまでは、

おかゆ、ごはん、うどん、何もつけてないパンを少しづつ食べるようにします。

 

このように、絶食から普通の食事にもどるまでの食事を、回復食といいます。

絶食から、いつもの食事に直すと、胃腸もびっくりしてしまうので、徐々に慣らしていきましょう。

以下の記事も参考にしてください。

 

■関連記事

・幼児の嘔吐下痢の時の食事について。食事は嘔吐が収まり水分が飲めるようになってから

ためしてガッテンノロウイルス特集!99%撃退って本当!?血液型による感染率も気になる

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

    • さとう
    • 2016年 12月 26日

    わたしはヨーグルトを普段から食べていましたが、
    ノロにかかりました。
    ヨーグルトはノロの時に食べると善玉菌が悪玉菌と戦ってくれると書いてあるサイトが多く感じました。
    お医者さんによって違うことを言ったりしますから賛否両論ですね。

      • ladycate
      • 2016年 12月 27日

      ノロかかりましたか。

      なかなか絶対はありませんので、確率的によくなるといった感じなのでしょう。
      免疫力も、気持ちの強さと弱さで体感的に大きく違う気がします。

      しかし、ノロにかかると本当に本当につらいですよね…。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA