主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

これは使える!ニキビと肌の老化現象の関係についてニキビに悩む娘に教えてあげよう!

若い頃ニキビで悩んだ人は、肌の老化現象が遅いという研究結果がニュースになっており、久々にドキドキしました。

染色体の先端がキャップ構造で守られていますが、若い頃ニキビで悩んだ人の方がその部分(テロメア)が長いそうなのです。

このことが細胞の老化現象が遅くなることに関係しているそうなのです。

私も若い頃はニキビに悩んだものですが、肌質の似た娘も又同様ニキビ肌です。

なぐさめるというより前向きに考えられるよう、早速教えなきゃと思いました。

スポンサードリンク

肌の老化現象はニキビ経験者の「デメロア」が守る

肌の老化現象はニキビ経験者の方が遅いという素晴らしいニュースについて簡単に説明します。

「テロメア」は、染色体の末端を保護するDNAのキャップ構造のことですが、

研究により女性の双子のテロメアの長さを計測したところ、過去にニキビを患った人の方がより長いテロメアを持っている事が発見されました。

 

テロメアは、遺伝子の劣化を防ぎながら徐々に短くなって細胞は死にいたるため、テロメアの長さが長いほど細胞の老化が遅いということになるのです。

ニキビ経験者のデロメアは、ニキビの苦労を知らない人のデロメアより長く、それが老化を守ることとなってより若々しい肌を保つ傾向にあるため、

しわや頬がこける事が少ないということがおおよそ実証されたことになります。

参考ニュース:https://goo.gl/3OkdX6

 

どうしてもニキビを無くしたいと必死に薬をつけたり、薬を飲んだりしている娘に、かつての自分の姿がダブました。

ニキビ肌は不潔に見えてしまううえ、地腫れは痛むし膿は持つし、つぎつぎと意味もなく発生するため、朝夕の洗顔時は憂鬱なものです。

そのニキビこそが長いテロメアを持っていることの証拠でもあり、20年後の老化の遅い若々しい肌を約束するのだと、ニュースを見るように教えてあげました。

スポンサードリンク

肌の老化現象に関する朗報にネットの反応は

ネットではこのニュースを受け以下の反応があり、やはりリアルに本当の事だと思えました。

「ニキビで悩みましたが、確かに今は実年齢より若く見られます。」

「かつてニキビには凄く悩んだものですが、現在老化がない事はないが、確かに若く見られます。」

「確かにニキビで悩んだ私の方が、妹より10才若く見られます。」

「そういう研究結果があったのなら納得。確かに若く見られる。」

「20才若返ったと言う、自分の体で試した人がいるらしい…。」

「そういえば、若いころニキビ出た人って年取ったら肌きれいって、おばあちゃんが言ってた。」

出典:twitter ヤフコメ

ニキビは何度も繰り返し出ていると、顔全体の毛穴まで広がってしまうため、素顔に自信が持てなく長年随分悩みましたが、

いくらかでも前向きに取れるニュースを耳にして良かったです。

やはり荒れた肌というのは治らないものなので、きめ細かなきれいな肌に今からなれるなら、その方が良いと思います。

実のところ私も本当にこのニュース通りで、実年齢より若く見られます。

ずっと皮脂のせいだと思っていましたが、テロメアという遺伝子構造による根拠のあることだったのですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA