主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

ジカ熱感染神奈川のどこ?今は心配ないけど絶対気をつけたい2つ恐怖

ジカ熱がとうとう日本でも感染が報告されました。

一般人には風邪のような症状のみで致死率も非常に低いのでほぼ問題ないですが

気になったのは妊婦さんですね。小頭症との関連があるとほぼ確定されています。

どこか気になったのですが神奈川県で、ブラジル渡航歴のある10代の高校生とのこと。

気をつけるべき点などまとめました。

スポンサードリンク



ジカ熱感染神奈川のどこ?今は心配ないが気をつけたい2つのこと

ジカ熱感染は神奈川の川崎市の10代男子高校生とのことですが

厚生省は「拡大の心配はない」と発表しています。

根拠は、蚊が媒体するわけですが、その蚊の活動は11度~32度と言われていて

今はもっと寒いからです。

 

川崎市の男子高校生がジカ熱の間は、蚊による媒体はないであろうとされるからです。

もしも暑い季節であったら大問題なのです。

というのも一般人にはほぼ問題なく、むしろデング熱の方が致死率が高いくらいなのですが

ブラジルで拡大している小頭症の問題がすごく

妊婦さんが感染すると、小頭症の子供になってしまう可能性が高く

WHOは2月初頭に緊急事態宣言をだしています。

 

今は問題ないというのは本当ですが

今年は夏にリオ五輪がありますので、

どうしたって行き来する人が少なくとも5万人以上の日本人はいるでしょうから

それまでジカ熱が収まっていなければ、どうしたって今年の9月くらいには

ジカ熱が大流行している可能性が高いのです。

 

そうなるとやはり今年妊娠するのは避けたいという専門家の方は多いのは

頷けます。

スポンサードリンク



ジカ熱で絶対に気をつけたいもう1つのこと

さらに、もう1つ気をつけたい重要なことがあるのです。

それは、確定してはいないのですが、一部で実は小頭症の原因は

殺虫剤によるものではないかと言われているのです。

 

殺虫剤には、ピリプロキシフェンという成長抑制剤が使われています。

これは日本でも「安全だ」ということで使われているのですが

成長抑制と小頭症の関連がすぐにイメージ出来てしまうのにプラスして、

一部専門家が、ジカ熱流行の時期と、ピリプロキシフェンの入った

製品名スミラルブという殺虫剤を使いはじめた時期がかぶるので

本当はこれが小頭症の原因ではないか!?と指摘されているのです。

 

これについてはまだ確定されていませんが、

日本でも出回っている商品ですので、むやみに使わないようにしたいところです。

特に夏、妊婦さんを中心にこれは一応避けましょう。

 

今年の夏以降、非常に心配ですので今から知識をつけておきたいところです。

■関連記事

小頭症の原因となるジカウイルスは日本で発生する可能性はあるか?

ためしてガッテンノロウイルス特集!99%撃退って本当!?血液型による感染率も気になる

インフルエンザの微熱はある意味要注意!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA