主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

シールはがしがプラスチックに効かない?ベタベタが残るのに悪戦苦闘した結果やり方はこれしかない!

引越しすることになり、賃貸の家をきれいにしていく中で一番面倒臭かったのが「プラスチックのシールはがし」です。

コンセントに子供が触らないように取り付けた「コンセントガード」の両面テープが取れない!

5年くっついていたのでまるで一体化しています!

これをどうにかした苦戦記を残しておきます。

スポンサードリンク

シールはがしがプラスチックに全然効かない…ベタベタが残る…

今回は、私が家中の「コンセントガード」についた両面テープに悪戦苦闘した記録を紹介します。

家のコンセント5個がこの状態…勉強になりましたよ…。

img_4123
*片方に液を付けた状態

さて最初に結論を言っておきますが、「シールは残るものとして最初から対策しないといけない!」ということ。

私はこのシールが不完全にはがし終わるまでに1日1時間xn回かけました。こんなくだらないことに

数時間かけるなんて本当にいかんですね!最初から「はがれやすいテープ」だったり、テープではないものでくっつける

など工夫が必要だったと痛感しました。

 

しかし、この結論は今のあなたには時すでに遅しなのでしょう。

シールはがしの結論その2をお伝えします。

スポンサードリンク

シールはがしプラスチックをベタベタ残さずにやる方法

これは私の体験的な第2の結論であります。

「何かしらつけて、爪やゴムベラでゆっくり時間をかけて傷つけないようにこすりおとしていく」
「つけるものは何にしても大して差はなかった」
「最後のベタベタは消しゴムで仕上げ」
「それでも残ることはある」

というのが結論です。

ですので、わざわざ高いシールはがしなんか買わずに、食器を洗う中性洗剤で十分です。

どうせどれも魔法のように取れることは、よほど貼ってから時間が浅いものしかないです。

 

もうプラスチックと一体化してとってもとってもベタベタという状態の場合は上記の方法しか残されていません。

時間はかかりますので覚悟が必要です。子供がやってくれるとありがたい…。

完璧は無理でした、苦労して標準がこのレベルです。実はちょっと傷ついてる。
img_4127
スポンサードリンク

シールはがしは大差なかった

シールはがしの商品は100均を中心にたくさんの商品がありますよね。有名なのが以下。


出典:rakuten

まず100均のを試してダメだったので、これも試しました。

ものによっては簡単にとれる、という報告もネットで読んだのですが、少なくとも私が上記のコンセントガードの両面テープの

5年かけて一体化したシール跡はどれも大差なく大して効かなかったです。

・酢
・ハンドクリーム
・ライターオイル
・台所洗剤
・ドライヤーで温める
・消しゴムでこする

だいたいこんなところがネットで見つかる方法かと思います。

簡単に言えば、どれも大差なかったです。

 

問題はシールの質?や「一体化具体」によるのだと思います。

とにかく私が試したら結局「うまくこする」ことでしか取れませんでした。

もちろん上記のものを付けずにこするのはキツイですが、上記のものをつけて柔らかくしてこする、という形となります。

そして、それでもベタベタが残るので、乾いてから消しゴムでこするという仕上げをしました。

スポンサードリンク

台所用洗剤でやった手順

台所用洗剤は界面活性剤でありますのでシールとプラスチックの間を浮かしてくれる….とのことですが

大して浮かしてくれませんね~。爪または50円玉で私はこすりました。

50円玉は端が丸くてあまり傷つけなさそうだったのでやりました。

img_4124

こんな感じで、染み込み具体がいい時にこするといい感じになります。

しかし、乾いてみてみると意外と「ベタベタ」がちょこちょこ残っているんです。

そのベタベタは放っておくと「黒く」なります!

 

ですので、黒くなる前に消しゴムでゴシゴシ…。

eraser-316446_640

基本的にはこれで「完璧」とは言えませんでしたが、まあいいだろう…敷金戻すかチェックする人には何も言われないレベルになりました笑

同じことをしていていも、どうも染み込み具合で気持ちよく取れるときと、取れにくい時がありました。

ちょどいい染み込み具合というのがあるのでしょう。そのへんは職人レベルにならないとわからないかも。

これからシールはがしをする方、1日3㎝といったように、時間をかけてやっていきましょう。頑張ってください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA