主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ 4.3L オフホワイトのご紹介とクチコミピックアップ

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフの説明

シャトルシャフは、保温調理という、今までの煮込み料理の概念を覆すような商品です。構造は2重構造になっており、煮立てたら、外側の保温容器に入れ、後は時間が経つのを待つだけ。これで煮込み料理の完成です。

これだけで、ずっととろ火にかけていたようにじっくりと材料が煮込まれていきます。時間をかけて煮込まないとおいしくならないおでんや、シチューなどにはもってこいの調理器具です。煮詰まる心配がないのと、更には煮込んでいる間の時間は自分のために使うことができます。

このシャトルシャフには様々な大きさと色があります。自分のお気に入りの色で、また大きさも用途に合わせて持っていると、必ず役に立ってくれます。信頼のサーモス製品ですので、時間がたってもびっくりするくらい、温度が保たれています。

スポンサーリンク.

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフのメリット

シャトルシャフの特徴は、なんといっても煮込み料理にかかる光熱費を格段に節約できるということです。煮立ってから、たったの5分ほど加熱するだけで、あとは保温容器に入れれば、あとは時間が経つのを待つだけ。

この間にかかるガス代や電気代は5分間分。それなのに、何時間もガスにかけ続けた煮込み料理と同じか、またはそれ以上の出来上がりになるのです。

なぜ、長く煮込んだもの以上と表現したのかというと、それは、保温するだけで煮込んでいないので、材料は柔らかくなるのですが、煮詰まりすぎてしまうという心配がないからです。つまり煮崩れるという心配がほぼないのです。

それから、もう一つの良い点は、保温鍋に入れている間、煮詰まる心配がないので、時々鍋をのぞいたりする必要がないということです。その間、自分の自由な時間ができるのです。

スポンサーリンク.

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフの効果

お料理好きな人は、ついつい凝った料理を考え、何時間も時間をかけて煮込み料理を完成させます。それはそれですばらしいことなのですが、材料費もかかるうえに、光熱費も請求が来てびっくり。ということにもなりかねません。その点、シャトルシャフなら、光熱費を気にしないでお料理に専念できるのではないでしょうか。

また、働きながら家事をこなす忙しい主婦の方にもおすすめです。前日の夜に材料とお水、調味料を入れ、少し煮込んで保温容器に移しておくだけで次の日の朝は余裕をもって朝ごはんの支度ができます。朝のうちに仕込んでおけば、帰ってから夕食の準備にバタバタすることもありません。朝や仕事から帰ってから大急ぎで準備する食事とは心の余裕が全く違いますね。

出典:ladycate.com

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフの使い方

このサーモスから出ている「シャトルシャフ」という商品の使い方にはちょっとしたコツがあります。

それでは、使い方について説明していきます。

このシャトルシャフは、2重構造になっており、内側は調理鍋、外側は保温容器になっており、内側の調理鍋だけ取り出すことができます。

この調理鍋を取り出し、通常の煮込み料理をするときと同じように、分量の材料やお水などを入れて煮込みます。煮立ってから5分ほど中火にかけ、そのあとは蓋をして外側の保温容器に入れるだけ。これだけで、保温容器が、調理鍋ごと料理を高温に保ち、時間が経つと長時間煮込んだものと同じように出来上がります。できた料理は温めなおすことなく、すぐにお皿に盛りつけることができます。おでんやカレーなどに大活躍です。

スポンサーリンク.

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフの値段

このサーモスのシャトルシャフは、アマゾンで購入するととてもお得です。

参考価格19,440円のところが、アマゾンで買うと10.480円。

8,960円と46%も値引きされています。

この商品は、様々な色があるのですが、色によってアマゾンでの価格が違うようです。人気色とかそういうことなのでしょうか。

ですので、とにかく安いのが一番という人は同じ大きさのものを比較し、色にこだわらず、一番安いものを選ぶことができますし、どうしてもこの色でなければいやという人は、価格には目をつぶって購入しましょう。ただし、それだって参考価格に比べたらずっとお安くなっているのですから、ご自宅のキッチンの色などに合わせてお気に入りの一色を見つけてください。

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフの良いクチコミピックアップ

サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフの悪いクチコミピックアップ


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new