主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

クリスピークリームドーナツ閉店店舗一覧なぜここまで!?倒産しないか心配で調べてみた結果

クリスピークリームドーナツが次々と閉店している。なぜこんなにも?

筆者もあの新宿店の行列に列をなした一人なので気になって

閉店店舗一覧と、これから倒産するように負の方向にいくのかどうか

調べてみたらいろいろと興味深いことが出てきました。

スポンサードリンク

クリスピークリームドーナツ閉店店舗一覧

カフェ好きな筆者は毎日どこかしらのカフェにいきますが

クリスピークリームドーナツもその選択肢のうちのひとつです。

多少ドーナツが高い。最初は高級感を感じたが、ミスドも172円~190円台の高級ドーナツを出すようになり

それが美味しかったので(特にクロワッサンドーナツ)

途中クリスピークリームドーナツに心が傾きかけていましたが、ドーナツカフェでは

ミスドとの差はないという現在の感覚。(その後2016年終わりにミスド再び低価格路線に少し戻しました)

 

そんなクリスピークリームドーナツが最近多く閉店していることが一部で話題になっているわけです。

wikipediaによると、2015年はわずか3店だったのが、

2016年に18店閉店と加速している。3月に9店というのも気になります。

・横浜CIAL店(横浜市西区)- 2011年3月27日ただしCIALの閉館に伴い閉店→ザ・ダイヤモンド店が後継店舗的位置づけとなる。
・恵比寿ガーデンプレイス店(東京都渋谷区)- 2012年1月15日閉店
・アトレ恵比寿 期間限定ストア(東京都渋谷区)- テイクアウト専門
・ベルビー赤坂店(東京都港区)- 2012年3月31日、ベルビー赤坂の閉館に伴い閉店
・池袋東武店(東京都豊島区)- 2012年10月15日閉店
・心斎橋店(大阪市中央区)- 2013年2月14日閉店
・アトレ吉祥寺店(東京都武蔵野市)- 2013年2月28日閉店
・たまプラーザテラス店(横浜市青葉区)- 2015年1月18日閉店
・ボーノ相模大野店(相模原市南区)- 2015年5月31日閉店
・なんばCITY店(大阪市中央区) – 2015年12月31日閉店
・さんすて岡山店(岡山市北区) – 2016年1月11日、さんすて岡山西館の改装に伴い閉店
・アミュプラザ博多店(福岡市博多区) – 2016年1月31日閉店
・天神地下街店(福岡市中央区) – 2016年1月31日閉店
・マリノアシティ福岡店(福岡市西区) – 2016年1月31日閉店
・広島アルパーク店(広島市西区) – 2016年2月21日閉店
・ゆめタウン廿日市店(広島県廿日市市) – 2016年2月21日閉店
・四条烏丸店(京都市下京区) – 2016年2月28日閉店
・新静岡セノバ店(静岡市葵区) – 2016年3月9日閉店
・神田小川町店(東京都千代田区) – 2016年3月12日閉店
・ららぽーと磐田店(静岡県磐田市) – 2016年3月13日閉店
・ディラ阿佐ヶ谷店(東京都杉並区) – 2016年3月20日閉店
・リバーウォーク北九州店(北九州市小倉北区) – 2016年3月21日閉店
・アミュプラザ小倉店(北九州市小倉北区) – 2016年3月21日閉店
・玉川髙島屋S・C本館店(東京都世田谷区) – 2016年3月27日閉店。
・アトレ大森店(東京都大田区) – 2016年3月30日閉店。
・アトレ亀戸店(東京都江東区) – 2016年3月30日閉店。
・横浜みなとみらい店(横浜市西区) – 2016年6月26日閉店。
・アリオ倉敷店(岡山県倉敷市) – 2016年7月3日閉店。岡山県から撤退。

・新宿サザンテラス店(東京都渋谷区)- 2017年1月3日閉店。(施設が閉店するため)
出典:wikipedia https://goo.gl/9r2jpK

これらの理由は、会社の回答として報道されているのは

「意志ある撤退」と主張。コンビニのドーナツや経営難など噂されているが

会社は次のように力説しています。

「上陸直後、期せずして大きなブームが起きて、『行列のできるドーナツ店』という枕詞がつくブランドになりました。いわば『はやり物スイーツ』というカテゴリーで成長を遂げてきたのですが、はやりはいつか終わります。20年、30年と愛されるブランドになるためには、今のうちに事業運営を抜本的に見直さなければ日本に長く残れません」
出典:http://goo.gl/7cIdjv

長期で経営していくためにやっていることだと主張しています。

スポンサードリンク

クリスピークリームドーナツ株価も順調

この言葉の裏をとるために、最近の業績を見てみましたが確かに主だって悪くなっている感じはしません。

以下URLに売上から利益などの数字が載っています。
出典:http://goo.gl/DQIavm

売上高
2013年:435,843千
2014年:460,331千
2015年:490,334千
2016年:518,714千

当期利益
2013年:20,779千
2014年:34,256千
2015年:30,060千
2016年:32,398千

売上も順調に伸ばしていて、株価もしっかり株主に還元していて確かに順調です。

会社側の説明は間違っていないように思えます。

順調なうちに改革をするという点では好感が持てるのではないかと思います。

クリスピークリームドーナツの負の視点として

クリスピークリームドーナツは実は、米国で実質破綻した後に日本で展開された

ドーナツカフェであるといういきさつがあるのは、一部で知っている人は知っているというところです。

確かに、アメリカの地方の人気ドーナツ店として産声をあげ、独特な手法で作られているドーナツなのですが

ITバブルで出資先として目をつけられ大きく成長し上場。

人気で伸ばしたというより、バブルでのお金が市場を旋風したという感じです。

 

バブルは終わりがあるので、2004年頃から経営が悪化して、2006年に破綻。

現在は細々とアメリカでは数店舗だけある状態。

日本に上陸したのが2006年なので破綻した年で

思惑としては投資資金回収したいので、アメリカで流行ったブランドを

他国に売りつけたという感じなのです。

言い方は悪いかもしれませんが、日本や他国で儲かることによって

バブル崩壊で損失した人たちの回収の希望となっている一面もあるということですね。

 

とこのような裏事情は筆者も初めて知ったわけではありますが

現在日本で利益を出して健全な経営をしているというのは

過去のブランドをしっかり継承し、会社の価値を高める意志があるからととらえて良いかと思います。

意外にも売上高は年々上がっていますからね。

イースターのキャンペーンなんかは魅力的でしたね。(さくらがあんまりでしたが…)

 

岡本社長が言っている
「サービスについても、従来のスピード重視から、地域の特性に合わせて、”また来たい”と思ってくださるような店舗や、居心地の良さや楽しさなど、ホスピタリティのあるサービスに転換していく」

というのは、間違いではないでしょう。日本でクリスピードーナツの価値を高めていくという意志を強く感じますので

私としては信頼できるブランドだと今のところ思っています。

筆者も、昔のクリスマス期に12個2000円のセットを購入した写真がありましたので今回上に付けました。

筆者としては、ミスドより価格が高いので、絶対的にミスドよりも

美味しいドーナツが食べれると確信させて欲しいところです。

■関連記事

ミスタードーナツ福袋2016が許せない件!9割中身が見えててしかも…!!

スターバックス福袋2016の予約開始は?やっぱりミスドにしようと決めた決定的な理由!!

スターバックスカードの買い方は?限定品狙うならまずやることはこれ!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない! ミュゼ

関連記事

    • ヤイリ
    • 2016年 11月 07日

    「ミスドー」って伸ばすんじゃなくて「ミスド」ですよ。
    海外住みですが、こっちではクリスピークリームドーナツめっちゃ店舗あります。
    しかもキャンペーンも結構やっててめちゃ安いです。
    やっぱり倒産はしばらくはなさそうですね。

      • ladycate
      • 2016年 11月 07日

      ご指摘ありがとうございます。修正いたします。
      海外在住なのですね。高いイメージあるので安いとは羨ましいです^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA