主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

キシリトールガムの効果と下痢にならないためには何粒が目安!?

21世紀になったちょうどその頃、虫歯予防に効果があるとして

キシリトールガムが大ブレイクしました。一方、キシリトールガムを

食べ過ぎると下痢の原因になるという話もあります。

キシリトールガムの正の効果、負の効果を確認しましょう。

スポンサーリンク.

キシリトールガムの効果、食べ過ぎで下痢になることも

キシリトールガムは「キシリトール」を甘味料として

使ったガムで、虫歯予防効果があるとして、今では製菓各社から

キシリトールが入ったガムが販売されています。

 

「キシリトール」は、主に北欧で多用されている甘味料です。

カバノキから発見され、天然にも存在する食品添加物として

使用されています。一般的な甘味料は口の中の細菌に分解されると

歯を溶かす酸を生成します。これが虫歯の原因になります。

 

一方、キシリトールは虫歯の原因になる酸が作られない

甘味料ということで、日本では虫歯予防を前面に押し出した

宣伝がされました。分解されても酸がつくられないということは

1976年に証明され、以降も同様の結論に達しています。

 

それに加えて、キシリトールは虫歯の原因になるミュータンス菌の

増殖を抑えることもわかってきました。それだけでく、歯垢の

量を減らし、付着性も減らすとメリットだらけです。

 

ここまで、べた褒めのキシリトールですが、小さなデメリットも

あります。それは、食べ過ぎると下痢の原因になるということです。

実は大部分の人はキシリトールを分解する酵素を持っていません。

キシリトールは分解されないまま排泄されます。キシリトールを

摂り過ぎると腸壁から水分が過剰にでて、下痢になります。

キシリトールの摂取の上限を決める指標はありませんが、だいたい

1日あたり20~30gが限度のようです。

 

ある市販のキシリトールガムに

含まれるキシリトールの量は、1ケース12粒で6.4gほどです。

そうなると38粒以上となりますので

普通の人は気にしないくていい量ですね。

*あくまで目安です。個人によって差はあります。

スポンサーリンク.

犬には毒物のキシリトール

人間にとっては害のないキシリトールですが、犬にとっては毒物です。

犬がキシリトールを摂るとインスリンが大量に分泌されます。インスリンは

血糖値を下げる効果があるのですが、インスリンが大量すぎると

意識の低下、脱力、昏睡、けいれんという症状がでます。そして、

肝障害を起こし、場合によっては死に至ります。

 

犬の体重1kg当たり、キシリトール0.2g以上で低血糖の症状を引き起こし、

1.6g以上で肝細胞壊死が起こります。1.6gという量ですが、

普通に市販されているキシリトールガムでわずか3粒くらいの量です。

犬が誤ってキシリトール入りのガムを食べてしまわないように

気をつけましょう。

 

犬に玉ねぎやチョコレートは与えてはいけないというのは有名ですが、

キシリトールは意外ですよね。気をつけましょう。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA