主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

ガスファンヒーターのガードは幼児に意味があるのか?結局危ないのでは!?

寒さも本格的になってきた今日この頃。

ガスファンヒーターを使っているけれど、

幼児がいると危険ではないかしら!?と

1歳のお子さんのいる友達に聞かれました。

スポンサードリンク

幼児のいるうちでは、ファンヒーターにはガードをつけて

ファンヒーターは燃料がガスのものでも石油のものでも内部に炎があって、

それで暖められた熱風を吐き出すことで、部屋を暖める暖房器具です。

そのため、熱風が出てくる吹き出し口は、とても熱くなっています。

そこに手を触れると大やけどになります。

また、うっかりファンヒーターを倒すと家事になる危険性もあります。

 

吹き出し口カバーもあるけど、ケージ状のものがおすすめ

吹き出し口をカバーする商品は、赤ちゃん本舗などにありますが

うっかり触れてしまったときのやけど防止になります。

ただ、好奇心旺盛な幼児には、かえって触りたくなったり、

隙間から細いものをいれたくなることもあるようです。

 

ですから、ファンヒーターをそのまま使いたいのであれば、

ケージ状になっていて、ファンヒーターに幼児が直接さわらないような

ガードを用意されることをお勧めします。

 

ケージもしっかり固定しておかないと、そこにつかまり立ちして、

押してファンヒーターに近づく、なんてことをやってくれる子もいます。(うちの子です)

 

スポンサードリンク

ファンヒーター以外の暖房も考える

ガスファンヒーターはすぐに温まるし、なにしろ、暖房費が安くすみます。

しかし子供の安全性を考えると、ファンヒーターだけでなく、

エアコンや、パネルヒーターようなものとの併用が良いのではないかと思います。

 

例えば、寒い日の朝、子供が寝ているうちにファンヒーターで部屋をあたため

エアコンで維持する、という感じです。

エアコンを暖房に使う場合は、同時に扇風機かサーキュレータを使うとよいでしょう。

 

部屋の上部に向かって風を送ると、暖められた空気が下に降りてきて、

非常に効果的に部屋を暖めることができます。

ホットカーペットや床暖房も床に座っている赤ちゃん、

幼児には効果的な暖房の方法ですが、いきなり導入というわけにはいかないのが難点です。

一つの暖房器具に頼るのではなく、複数を組み合わせて、

賢く暖かく、冬を乗り切りたいですね。

 

当サイトスタッフの中には0歳から2歳まで

床のカーペットとエアコン、加湿器だけで乗り切った人もいます。

結局子供は環境に慣れる、ということであっけらかんとしていました。

そのへんも参考に、安全性を考慮してご自身の家に最適な形を取れるといいですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA