主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

カフェインの取りすぎで死もあり得る!?中毒症状にはこの数字を知ればなることはない!

今朝、国内で初のカフェイン中毒死と思われる男性が確認されました。

筆者の家庭では、大量のコーヒーを消費しておりますので

カフェインの摂り過ぎはいけない、という概念すらなかったので衝撃でした。

カフェインの取りすぎによる症状、危険な量について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク.

カフェインの取りすぎは中毒症状を起こす!?

アメリカではカフェインの取りすぎによる中毒症状や中毒死は何件か

報告されているようですが、日本は初とのこと。

ただし、報告が初なだけで何件かあってもおかしくないという専門家もいます。

 

というのも、最近のエナジードリンクにはカフェインがそれなりに入っていて

それを好んで飲む若者が増えたためです。

今回の男性も、夜勤でガソリンスタンドで働いていて

お酒とともに、カフェイン入のエナジードリンクを飲んでいたことが

原因ではないかと目されています。(カフェイン錠剤も確認されたとか)

 

元々、エナジードリンクはお酒と一緒に飲まないで欲しい、と書かれています。

ただ、筆者もコーヒーとお酒が大好きで

夕方まではコーヒー、17時以降はお酒飲んでOKということにしていますので

我が家は大人はコーヒーとお酒三昧です。

カフェインの取りすぎ、中毒症状についてもう少し見てみましょう。

スポンサーリンク.

コーヒーとは元々、毒である

コーヒーについてのドキュメントテレビを見たことがあるのですが

コーヒーの実というのは元々は「毒」です。

動物に食べられないようにするための毒であり

動物によっては食べたら死んでしまいます。

 

しかし、たまたま人間はコーヒーの実を食べることで

神経が興奮して疲労を感じさせなくする役割となり

それが受け入れられたのです。

 

もっと具体的に言えば、元々人間には疲労を感じたらアデノシンという

疲れを知らせる物質が出て、脳に「疲れたよ~」とサインを送るのですが

カフェインを摂取することで、アデノシンが行き場を失ってしまうのです。

つまり、カフェインというのは脳の鈍化を促進させるもの

脳からの疲労を遮るものです。良くも悪くも。

 

そしてアドレナリンを出します。

世界が植民地時代だった時に、コーヒーが爆発的に人気になったのは

紅茶のような葉よりも保存性が抜群に良く、

船で何日も移動しても腐らせることがなかったし

依存性があったため非常にお金になったんですね。

取れるところも赤道あたりで人件費が安かったので

商売人が飛びつく好条件のものだったのです。

だからあれだけ世界に広がったのです。

 

■カフェイン中毒■

■カフェイン中毒

カフェイン中毒という言葉は冗談で使われるくらいだと思っていましたが
実際に医学用語であるようですが、乱用や依存症となるほどでもないので
診断名としてはありませんが「精神障害」として分類されるそうです。
普通は「死亡しがたい」とのこと。ただし稀に死亡例があるとされています。
そして症状についてまとめると以下となります。

■中毒に至る分量

成人は1時間以内に、6.5 mg/kg 以上のカフェインを摂取した場合約半数が発症(体重45kgで292.5mg)
成人は3時間以内に、17 mg/kg 以上のカフェインを摂取した場合、すべての人が発症(体重45kgで765mg)
200 mg/kg 以上摂取した場合は死に至る可能性もある(ほとんどないが可能性があるという程度)

■症状

・不安・焦燥感、落ち着きがなくなる
・逆に高揚感
・精神錯乱・パニック・衝動的になりやすい

・胃痛・胸痛・吐気・嘔吐
・神経圧迫による視覚異常・聴覚異常
・痙攣
・瞳孔拡大
・足がつる等

 

1g=1000mgですので、体重45kgの方でしたら0.2925gとなります。

エナジードリンクのモンスターエネジーが140mgのカフェインを有します。

ですのでこれを2本以上1時間以内で飲むと危ないということになります。

眠眠打破:120mg
メガシャキ:100mg
ユンケル:50mg
リゲイン:50mg
ペットボトル濃い紅茶:100~170mg
コーヒー:100mg前後

とされますので、

筆者の場合コーヒーしか飲みませんが、1時間に3杯飲んではいけないということになります。

3時間以内に7,8杯飲んだら確実に発症ということになります。

 

なんだか怖くなってきましたね。

今まで胃痛・胸痛は経験があるので実はなっていたのかもしれません。

 

しかし目安となる数字を知ったので

飲み過ぎることなく、適度な量をおいしく飲みたいと思います。

最後に、エナジードリンクとお酒を組みわせるのは絶対やめましょう!

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA