主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

オレンジデーって知ってる?オレンジに込められたロマンチックな意味とは?

オレンジデー

オレンジデーってなに?いろいろな国が関わっているロマンティックな誕生秘話とは?

オレンジデーという言葉、あまり聞きなれない人も多いことでしょう。毎年4月14日に開催されるイベントですが、日本でこの言葉が聞かれ始めたのは1900年代後半です。オレンジデーは、2月14日のバレンタインデーと3月14日のホワイトデーに続いて、2人がお互いの愛情を再び確かめ合うためのイベントとして、愛媛県の柑橘類農家によって発案されました。

ヨーロッパや欧米諸国では、オレンジには花が咲くと同時に実がたくさんなる特徴があり、繁栄や多産といったイメージがあるところから、男女の愛情を表現するシンボルとされています。そこから「花嫁の喜び」という花言葉の意味も持つようになり、日本においてもオレンジを「男女の愛情表現のシンボル」とするようになりました。

JA全農えひめは、この日を「オレンジデー」として日本記念日協会に登録しています。お互いの愛情を伝え合う、バレンタインデーやホワイトデーに続き、オレンジデーは3番目の愛情記念日として、国民の間に浸透しつつある記念日なのです。

スポンサーリンク.

オレンジデーには誰が誰に、いったい何をプレゼントするの?

オレンジデーでは、お互いの愛情を再確認するという意味を込めて、そのシンボルでもあるオレンジを、大切なパートナーにプレゼントします。本当のオレンジだけでなく、オレンジ色のものだったり、オレンジを使って生産されるものをプレゼントしても問題ありません。オレンジジュースや、オレンジ色の花束をプレゼントしたりすることもあります。

オレンジデーにちなみ、JA全農えひめが企業とタイアップしてイベントを行ったり、オレンジジュースの販売で有名な「キリン・トロピカーナ」がオレンジデーを広めるためのイベントを開催したりしています。オレンジにこだわらずとも、オレンジにまつわるものを大切なパートナーにプレゼントし、日頃の愛情を確認し合うという記念日の趣旨を広めるために、数々のイベントが開催されています。ですが、まだまだ知名度が低い記念日であることも否めません。

オレンジデーの趣旨を広げるために、東京ディズニーランドをはじめとする多くの企業が、JA全農えひめと協力のもとさまざまな趣向をこらしたイベントを考案しています。

スポンサーリンク.


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA