主婦がレディのままでいるためのウェブマガジン

menu

Ladycate

イースターエッグの作り方4選!ゆで卵としてそのまま食べたい人にも!

最近、海外の風習だったイースターが日本にも浸透しつつありますね。

イースターの風習など知らない人も多いですがそろそろ日本にブームがやってきそうな予感がしています。

調べてみましたが、一番面白いと思ったのがゆで卵で、イースターエッグです。とってもお洒落で子供が絶対喜ぶ。

その作り方などを見てみましょう!

スポンサーリンク

イースターとは?ゆで卵で作るイースターエッグ

イースターとはイエス・キリストの復活祭のようなもので

キリストが十字架にかけられて亡くなった三日後に

生き返った事を祝うお祭りです。

 

余談ですが、日本に伝わったきっかけはディズニーランドなので

イースターイベントが始まったからと思われがちですが

筆者としては2012年に発売されたゲーム「とびだせどうぶつの森」の

イースターイベントがきっかけだと思っています。

 

さて、肝心のゆで卵から作るイースターエッグの作り方について載せていきます。

※食べる前提でイースターエッグを作る際の染料は

必ず食用色素を使いましょう。色素はゆで卵の中にまで染み出てしまいます。

■イースターエッグの作り方■

参考URL:http://cookpad.com/recipe/2579530■材料

・卵
・食紅(好きな色)
・酢 (大さじ1)
・お湯(1カップ)
・クレヨン

■作り方

1.固めのゆで卵を作る
2.水気をよく取り、冷ます
3.クレヨンで絵や模様を書く
4.湯に食紅と酢を溶かして卵をスプーンで転がす
5.乾くと完成

 

この作り方で作りますと、このようなカラフルなイースターエッグになります。


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

非常にカラフルでかわいいイースターエッグになると思いますが

筆者としては食べる目的でこれを作るのは

クレヨンを使う事もあり、あまりオススメしません。

そこで、食用色素のみで作る

イースターエッグの作り方について紹介します。

スポンサーリンク

食用色素を使ったイースターエッグの作り方

それでは食用色素のみを使ったイースターエッグの作り方を見てみましょう。

『伝統的なイースターエッグ』

■イースターエッグの作り方2■

参考URL:http://cookpad.com/recipe/2210979

■材料

・卵(赤玉)
・玉ねぎの皮(2つかみ)

■作り方
1.玉ねぎの皮を捨てずにきれいに洗う
2.鍋の中に玉ねぎの皮を敷いた後、卵を上に載せる
3.載せた卵を包むように上から玉ねぎの皮をのせる
4.水を入れ、そのまま固めのゆで卵を作る
5.色が全体についていたら完成

添加物を気にする方はこれが一番いいですね!

『色付きゆで卵』

■イースターエッグの作り方3■

『色付きゆで卵』

参考URL:http://cookpad.com/recipe/2591013

■材料

・ゆで卵(殻ははがしておく)
・食紅

■作り方

1.食紅水を作りゆで卵を入れる
2.色が浸透するまで待つ(1晩くらい)
待っている間にたまに混ぜるとムラが無くなる
3.色がついたら完成

 

上手く仕上がるこういった感じで出来ると思います。

『網目模様のイースターエッグ』

■イースターエッグの作り方4■
 参考URL:http://news.livedoor.com/article/detail/8695127/
■材料

・卵
・食紅
・封が出来る袋
・ホワイトビネガー

■作り方

1.ゆで卵を作る
2.スプーンで軽くひびを入れる
3.袋の中にゆで卵と食紅を入れ30分待つ
4.色のついた状態の卵を軽く洗い、ホワイトビネガーを全体にかける
5.割って卵に網目模様みたいな物がついていたら出来上がり

 

上手くいくと、おそらくこのような状態になります。


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

いかがでしょうか。

日本ではまだ馴染みが薄いイースターですが

そのうち盛り上がっていく事間違いないです!

珍しいイベントを先取りして、楽しみましょう。

網目模様の卵、色付きの卵なんて確実に子供は喜びますからね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
>>脱毛がこんなに安い時代になりました!ありえない!
ミュゼ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA